« 鶴瓶師匠が「もっとおもろなりたい」っていう気持ちがちょっと分かった | トップページ | ほどほど »

2012年9月21日 (金)

秋が来たかもしんない

今日も全力で働いてまいりました。
そして今日もトラブル続きの毎日でした。
手駒が足りなくとも、なんとか詰まなきゃいけません。

あと何手打てば詰めますかねえ。
そういう意味では将棋覚えておけば良かっただろうか。
「先を見通す力」みたいなものがあればなあ、と思うのです。

そんな今日は、ちょっとだけ自分的には朗報。
小樽駅に着いたら、涼しいんですよ。
駅を出たら、女性の二人組が「寒いねえ」だって。
確かに、ちょっと「涼しい」の域ではないかも。

家に着いてVistaのガジェット温度計で見たら19℃、久々に20℃を切りました。

いずれにしても、寝苦しい夜に「さよなら」が言えそうです。

さて、神戸新聞杯も出走確定。

マウントシャスタとヒストリカルは切っちゃおうかと。
前者は宝塚記念5着で一躍脚光を浴びましたが、上2頭はダート馬ですからねえ。
後者は兄(カンパニー)の影がちらつくのか距離に限界がありそう。

軸はゴールドシップとして、ヒモはチョイ荒れあたりを模索中。

オールカマーは本格化したっぽいルルーシュに逆らってはいけない気がしますが、ラッキーバニラが逃げて好位組が多いメンツ構成。
その後ろで折り合えるユニバーサルバンクに食指が動きます。
更に前が早めに動くようならナカヤマナイトの差しもハマる感が満載。

明日、新聞を見るのが楽しみになってきました。

|

« 鶴瓶師匠が「もっとおもろなりたい」っていう気持ちがちょっと分かった | トップページ | ほどほど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋が来たかもしんない:

« 鶴瓶師匠が「もっとおもろなりたい」っていう気持ちがちょっと分かった | トップページ | ほどほど »