« 字を書く事が苦痛 | トップページ | 1/7572 »

2012年5月26日 (土)

日常に潜む罠

昨夜は早く寝ようと思ったんですよ、競馬開催日前日だし。

で、TSTAYAの返却に行ったついでに寝酒をいただこうと思ってBar Hattaへ。
そしたら高校卒業以来の同期にバッタリ遭遇。
その後も知り合いが続々来店し、気付けば閉店時間(AM1:00)
起きたらほぼ正午、おまけに二日酔い。

だめだこりゃ

今日は馬場入りを我慢して、明日に備えるとしましょう。

さて、そろそろ馬券を考えていかなきゃいけません。

色々調べていたら、ちょっと気付いた事がありました。

①過去のダービー連対馬、父の共通点

■2011年
1着オルフェーヴル:父ステイゴールド
2着ウインバリアシオン:父ハーツクライ
父はどちらもドバイシーマクラシックの勝ち馬

■2010年
1着エイシンフラッシュ:父King's Best
2着ローズキングダム:父キングカメハメハ
父の父がどちらもKingmambo。
父は3歳マイルGⅠ勝ち馬で、3歳で故障⇒引退。

■2009年
1着ロジユニヴァース:父ネオユニヴァース
2着リーチザクラウン:父スペシャルウィーク
父はどちらもきさらぎ賞とダービーの勝ち馬。
年明け最初に白梅賞を使った点や、菊花賞を1番人気で負けた点も同じ。

ここまで共通点があると気になります。

ちなみにステイゴールドとディープインパクトには「どちらも池江(郎)厩舎」という共通点があるので、この組み合わせを消せないのが痛い(苦笑)

ただSS全盛期と違い、ここ数年のダービーって1着馬と2着馬の父が違うんですね。調べてみたら皐月賞もここ数年「同父決着」は無いようです。
ディープ産駒祭りはないでしょうか?

②トーセンホマレボシとヒストリカルは同じ?
トーセンホマレボシ:父ディープインパクト母エヴリウィスパー
ヒストリカル:父ディープインパクト母ブリリアントベリー
この2頭の母
エヴリウィスパー:父ノーザンテースト母クラフテイワイフ
ブリリアントベリー:父ノーザンテースト母クラフテイワイフ
トーセンホマレボシとヒストリカル、それぞれの母が全姉妹で父が同じって事は……DNA上は同じって考えていいのでは。

なんか余計な事に気づいてしまった(笑)

|

« 字を書く事が苦痛 | トップページ | 1/7572 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日常に潜む罠:

« 字を書く事が苦痛 | トップページ | 1/7572 »