« 恐るべしWU | トップページ | 日常に潜む罠 »

2012年5月25日 (金)

字を書く事が苦痛

午後からハローワークに応募に行く。
倍率53倍ですって(笑)、ダメ元ですな。
まずは前に出る、ダメでも心を折らずひたすら前へ。

向いてる方が前、進んでいるのは道

そう信じて進みましょ。

それにしても文書作成はPCがメインとなっている昨今でも履歴書ばかりは自筆で作成せねばなりません。
これがなんとも面倒なのです、学生時代はPCもワープロも無くてひたすらノートに書きつづっていた文字を書くのが苦痛、1枚書きあげるまでに腱鞘炎になるのではないかというくらい(苦笑)

世の中は今後もどんどん便利になってゆくのでしょうが、それによって失われるものも大きいのだろうなって思うのです。

たかだか履歴書で話を大きくしすぎました(笑)

第79回東京優駿、枠順確定

グランデッツアがまた8枠で(笑)
中山ほど枠順の不利はないでしょうが、なんとも運が無いといえばない。
大外はアルフレード、武豊の大外はなんとも不気味ですが今回は買いません。
母方の祖母ラトラヴィアータはサクラユタカオー×サクラハゴロモ、なんとなく気になって調べてみたらサクラバクシンオーと同配合。
そこにサンデー、シンボリクリスエスと足してきたにしても、さすがにごまかしの効かない府中の2,400mでは距離不足は否めないでしょう。

人気どころ2頭は良い枠引きましたね、偶数番に加え内過ぎず外過ぎず。
特にワールドエースはゴールドシップを見ながら進められるのは有利でしょう。
予想では上記2頭に人気が集中するのでしょうが、この2頭でアッサリとはいかないと思ってます。

期待を込めて(笑)

3番枠を引いたゼロスが逃げるはずなのでレースの展開を握るのはオークスジョッキー(川田騎手)になるわけですが、いくら前が残るといえども玉砕先行がどうなるか一番肌で感じているはず。

ここも期待を込めてとなりますが、ゼロスがうまく逃げれば先行馬の前残りがあるのではないかと思うのですがね。

|

« 恐るべしWU | トップページ | 日常に潜む罠 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

ばばば、馬相……
人相学の専門家ならば騎手や調教師の人相で判断すればと思ったのは私だけでしょうか。

なおあくまで私的見解ですが、川田騎手、後藤騎手、藤田騎手、秋山騎手あたりは「Gレース(特にGⅠ)で1番人気だと来ないイメージがあります。
統計を取っているわけではないので全く勝手なイメージですが(笑)

投稿: BEN | 2012年5月25日 (金) 11:43

川田騎手

私的には
「2008年有馬記念の高額配当演出ジョッキー」
「好き嫌いがハッキリ分かれそうなイケメンジョッキー」 というイメージで、なんとも気になる存在です
(ちなみに、馬券の相性はサイアク

そう言えば、おとといの某スポーツ紙では、人相学の専門者による予想で
「馬相的にはヒストリカル!」 と出ていました。

アンカツの調子がもう少しよければ、この話し乗りたいのですが・・・ 

投稿: ルン | 2012年5月25日 (金) 09:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 字を書く事が苦痛:

« 恐るべしWU | トップページ | 日常に潜む罠 »