« 父帰る | トップページ | 恐るべしWU »

2012年5月22日 (火)

兎にも角にも

昨日は父の「失踪事件」で大慌てだったが、一つ朗報もあり。

ネットが開通したのだ、これでネカフェ通いも終了。

経緯:先日書いたが、携帯が危篤になったので騎手機種変更した。
その時、携帯モバイル端末のキャンペーンをやっていた。
ポイントだのクーポンだのキャンペーン割り引きだの全部使うと騎手機種代は完全無料。
更に利用料金も2,000円引きだというのだ。

元々ネットを契約しなかったのは、次の仕事次第で家を出なければいけない可能性があり、固定回線を引いてしまうと移転料がかかるからだ。

モバイル端末なら回線移転が芙蓉不要じゃないか。
それにネットカフェを使うよりかなりのコストダウン。
(正直ネットカフェにいる一人の時間は至福でもあるのだが)
おまけにWindows7のノートPCまでくれた(笑)

そんなわけで今日から更新が可能になりました。

さて、ダービーまで後6日。

JRAから発表されたプレ・レーティングではゴールドシップが116でぶっちぎりの首位。
もう1頭のGⅠ馬アルフレードは昨年こそ114だったが今年は最高でも108、確かにNHKマイルCでカレンブラックヒルにつけられた3馬身半はある意味決定的。
皐月賞で2着のワールドエースは111、ゴールドシップとの着差(2馬身半)も大きく評価されているようだ。
かたやトライアル組は青葉賞勝ち馬フェノーメノが110、プリンシパルS勝ち馬のスピルバーグは106と差がつけられた。
トライアルではないが、京都新聞杯を日本レコードで勝ったトーセンホマレボシは107、毎日杯を直線一気に差し切ったヒストリカルは108。

つまり、JRAハンデキャッパーのレース評価はこうなるはず。
①皐月賞
②NHKマイルC
③青葉賞
④毎日杯
⑤京都新聞杯
⑥プリンシパルS
②と③の上下関係は不明だが、こうみると極めて妥当。

今年のハンデを馬別に並べると、とこうなる
①ゴールドシップ(116)
②ワールドエース(111)
③ディープブリランテ(110)
③グランデッツア(110)
③フェノーメノ(110)
③コスモオオゾラ(110)
以下は割愛させていただくが、ゴールドシップだけ明らかに高評価。

あの皐月賞は馬場や好騎乗だけではなく馬の実力と評価しているようだ。
ただ、上位6頭のBOXで買っても……赤字必至(笑)

|

« 父帰る | トップページ | 恐るべしWU »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます、更新頻度は上げて行く所存です。
「春天」は何をどう読んでも当たらなかった気がしますが(笑)
ビートブラック、どうやっても辿り着けません。

投稿: BEN | 2012年5月23日 (水) 00:02

ネット開通、おめでとうございます。
これで、更新の頻度が増しますね。
ダービー…今月号の「優駿」の「ダービー特集」読まねば…。
「春天」の時は、読む前にレースを迎えて惨敗でした。

投稿: かねとしがばなー | 2012年5月22日 (火) 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 兎にも角にも:

« 父帰る | トップページ | 恐るべしWU »