« 今週末こそウコンに頼ろう | トップページ | 雁擬き »

2011年10月26日 (水)

商売が上手いという事

昨日は休日

朝はゆっくり寝るのが自分流。
正しくは、起きられない(笑)
午前中はほぼ廃人同然、ほとんどボーッとTV観るだけ。

のっそりと起きて始動。
ポイントが溜まっていたので、映画館へ。
ポイント、大事ですな。

映画鑑賞後、帰宅して焼きそばを作って食べる。
安い白ワインを一本空けて就寝。
コストパフォーマンスという意味においては、価格にこだわらなければワインが一番かもしれません。
そんなわけで早寝早起き、今はほんの少し酒が残っているようです。

軽く映画レビュー、おなじみ以下ネタバレ

MARVELは滑らない(自己基準)の原則に従い、キャプテン・アメリカを鑑賞いたしました。

舞台は第2次世界大戦下のアメリカ。
主人公は正義感あふれる青年。国を守ろうと兵役志願するが、いかんせん貧弱な体格でぜんそく持ち。どんなに経歴詐称しても志願兵にはなれない毎日。しかし、ある日そんな青年が「博士」の目に留まる。
米軍がひそかに進めていた「血清」による体質改善の対象者になり、物凄い肉体の持ち主へと姿を変える。ブルワーカー使用前⇒使用後みたいな感じ(古いか)

ところが実験成功直後にナチス配下の悪の組織「ハイドラ」によって博士は殺害される、その殺害犯を捕まえたことで一躍ヒーローになった青年は、兵として前線に行くのではなく政治家によって国債を売るためのキャラクターとされる。正義感あふれる青年は「国のため」とキャプテン・アメリカのキャラクターで国中をキャンペーンしてまわるが、ある日訪れた前線の慰問先で友人が捕虜とされた事を知る。

その正義感ゆえに単独で敵の基地へ侵入、あっさりと基地を破壊して捕虜を解放するキャプテン・アメリカ。おまけにそこが「ハイドラ」の基地だったといういかにもな展開(笑)
功績が認められて「ハイドラ」せん滅のリーダーとなるキャプテン・アメリカ。次々とハイドラの基地を破壊してゆく間に友人を失うも、最後はハイドラの首謀者レッドスカルを倒すが爆弾を積んだハイドラの飛行艇と共に雪原に消える。

その後発見され、ある日目が覚めるがなんと70年後の2011年。

という場面で終わり。いかにも次回へ続く展開だが、次の作品はMARVELのヒーローが一堂に会するアヴェンジャー(2012年公開予定)という作品だそうな。

なお、エンドロールが終わるまで待たないとアヴェンジャーの「さわり」に気付けないですよ(笑)

まだ日本用サイトは立ちあがっていないようですが、次回作がちょっと楽しみです。

|

« 今週末こそウコンに頼ろう | トップページ | 雁擬き »

コメント

>ばっく・トゥ・ザフューチャーの2と3の時
あれは確かに驚きましたが・・・本当に同時に撮影したんじゃないんですかね。
余談ですが、ロードオブザリングは3本分同時に撮影したと聞いてます。

投稿: BEN | 2011年10月27日 (木) 20:04

続編については、ばっく・トゥ・ザフューチャーの2と3の時は驚きましたけどね…同時に撮影していたのかと…。

投稿: かねとしがばなー | 2011年10月27日 (木) 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 商売が上手いという事:

« 今週末こそウコンに頼ろう | トップページ | 雁擬き »