« 《POG情報》10/15,16の出走予定馬 | トップページ | 嬉しさも、中くらいなり、おらが給料日 »

2011年10月13日 (木)

金が無ければポイント使えばいいんです

給料日前日、お金無し。
死して屍、拾う者無し。
↑似てるので並べてみました、もはや「大江戸捜査網」を知っている人も少ない今日この頃。

食事代がギリギリな状況でどうやって休日を過ごすか。

午前中はゲームで時間潰し。
午後は溜まったポイントで映画鑑賞。
交通費はプリペイドカード持ってるので平気。

さて、雪平夏見は今回どうなったか。
おなじみ、以下ネタバレ。

雪平夏見(篠原涼子)はなぜか北海道は紋別に居る。
前夫でジャーナリストの佐藤和夫(香川照之)と道警の資金流用疑惑を追っていたのだそうで。

だが和夫は東京で起きた猟奇殺人の容疑者にされる。
で、あっけなく殺される。
↑容疑者にされた人が殺されるという容疑者被害者リレーみたいな事件。
凶器はネイルガン、大工が使う釘打ち用の道具。
体中釘だらけ。吹越満が二人目の被害者としてただ殺されるだけの役で少し扱いが悪い(笑)
で、和夫殺しの現場で指紋が見つかり夏見が容疑者にされる。

夏見は紋別署の一条(佐藤浩市)に逮捕されるが、検事の村上(山田孝之)に逃がされる。
結論から言うと村上と一条が主犯、目的は夏見が前作で入手した「警察の闇が入っているUSBメモリ」の奪還。
そのため一条が実行犯の結城(大森南朋)を使って猟奇殺人を起こしている。
敢えて夏見を逃がし、結城に殺させるか自分たちが暗殺するおつもり。

結論からするとUSBは村上に取られる。
USBは機密情報が詰まっていたのではなく、特定のPCに差し込むと情報ファイルが開く鍵。
しかし、取られたのは計画通り。
実はこれが夏見の目指すところ。
一緒にUSB解読を行っていた和夫がUSBに仕掛けしていて、ファイルが開くと同時に夏見のPCに自動転送される。おまけに元PCのデータは消去。
こんな事10GB程度のUSBで本当にできるかどうかは、疑問(笑)

全体的な感想としては、前作より起きる事件の規模が小さいので作品としてもスケールダウンした気がする。
それでも芝居が達者な人たちが多く出ていたので、その点は楽しめた。
ただ、怪しいながらもずーっと味方と思っていた三上ちゃん(加藤雅也)まで敵だったとは。
本編終了後に種明かし(なぜ和夫殺しの現場に夏見の指紋があったのか等の謎とき)があったのは面白い作りでした。

次回作………ありそうと言えばありそうだが。
もはや味方は山路(寺島進)しかいないが、継続可能だろうか。
ここまできたら山路も敵だったみたいな展開しか残っていない気がします。
加えて、後は本当の「闇」を出すしかないが。

ここらへんが潮時な気がするのですがねえ。

余談
「踊る大捜査線」「SP」「アンフェア」全て映画版を観ましたが、ドラマ本編はほとんど観た事がありません(笑)
ドラマも映画版も観たのは「HERO」だけ。
そして次に映画化されるのは「BOSS」あたりと予想。

でも予想は当たらないからなあ(笑)

|

« 《POG情報》10/15,16の出走予定馬 | トップページ | 嬉しさも、中くらいなり、おらが給料日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

貧乏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金が無ければポイント使えばいいんです:

« 《POG情報》10/15,16の出走予定馬 | トップページ | 嬉しさも、中くらいなり、おらが給料日 »