フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« それは寝過ぎというもの | トップページ | 惨敗は、いつか来る圧勝の前触れだという事にしておく »

2011年4月 8日 (金)

遠くも見えないのに近くまで

昨日は驚愕の14:00過ぎ起床。
さすがに眠れなかったが、今日は10:00に目が覚める。
結局その日の疲れ具合次第で睡眠時間が変わるのですな。

次の仕事で試験を受けなきゃいけないので、今日テキストに目を通してみる。
嗚呼、老眼(笑)

次に眼鏡買うときはいよいよ遠近両用か。

そういう年になったのですねえ。

そんなわけで今日も昼間っから銭湯通い。
大変気持ちがよい。

さて、やっと週末を迎えた。
休みが多いせいか1週間が長いね。

で、土曜の重賞予想がなんとも分からない。
NZTは内の2頭が人気になりそうだが、日曜日の桜花賞は圧倒的に外有利。
同じデータが通用するわけじゃなかろうが、やはり気になるのは外。
リキサンマックスが逃げるはず、その後は短距離馬が続く展開と見た。
やはり外差しなのかなあと。
そういった意味で8枠3頭が気になる。
⑯リアルインパクト
⑰オメガブレイン
⑱キョウエイバサラ
当然グランプリボスが外せないので、4頭に絞ってダメならあきらめワルツ。

阪神牝馬Sはなんか…GⅡっぽさが感じられない(笑)
実績ではプロヴィナージュなんだが1,400mってタイプじゃないでしょ。
だったら⑮サワヤカラスカルあたりでどうにかならないだろうか。

大阪-ハンブルグカップは何も考えないでミスキャストから。

« それは寝過ぎというもの | トップページ | 惨敗は、いつか来る圧勝の前触れだという事にしておく »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠くも見えないのに近くまで:

« それは寝過ぎというもの | トップページ | 惨敗は、いつか来る圧勝の前触れだという事にしておく »