« 変化なし | トップページ | かくして連敗街道 »

2011年3月27日 (日)

頑張った、日本

朝起きて、JRA-HPでヴィクトワールピサのドバイワールドカップ優勝を知る。

ましてや日本のワンツーフィニッシュ、逃げたトランセンドが2着。

これが驚かずにいられようか。

これまで数々の日本馬がチャレンジして外国馬の後塵を拝してきた(トゥザヴィクトリーの2着が最高)が、ついに優勝です。

これまで競争馬で『世界の』といえば凱旋門賞2着のエルコンドルパサーのイメージだったが(ステイゴールドでもいいんだけど)、これからは「世界のヴィクトワールピサ」と呼ばなきゃいけないなぁ。

レースはこちらでご覧になれます。

スタート直後から自分の形に 持ち込んだトランセンドが逃げて、ブエナビスタは後方2番手、ヴィクトワールピサは最後方。
一団となって淡々と進む中、レース中盤でデムーロがヴィクトワールピサが外を進出、トランセンドの2番手につける。
直線を向いて後続の馬たちも差を詰めるが前の2頭の脚色も衰えない、ブエナビスタは前が詰まり外に持ち出すも万事休す。
最後はヴィクトワールピサがトランセンドを抑えて先頭でゴール。

このところ震災で暗いニュースばかりだったから、少しでも明るい話題になればいいなあ。

[余談]
奇しくも開催日(3/26)は、97年4月3日にドバイで事故死したホクトベガの誕生日だ。
あれから14年、空の上で喜んでくれているだろうか。

|

« 変化なし | トップページ | かくして連敗街道 »

ニュース」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頑張った、日本:

« 変化なし | トップページ | かくして連敗街道 »