« (簡単に)スプリンターズSの回顧 | トップページ | 《POG情報》10/2、3の出走結果と次週の特別登録馬 »

2010年10月 4日 (月)

久しぶりに俺は泣いたんだ

「あンた、背中が煤けてるぜ…」

いや、それは「哭きの竜」。
知らん人は知らんでよろし。

いい年したおっさんが思わず悔し泣きした話。

昨日はあまりにも予想結果が酷いうえに札幌競馬場はまさに「極寒の地」。
何がって、気温と財布がダブルパンチで寒い。

こりゃ、ゲン直しに呑むしかないでしょ。
おまけにこんなに寒いのだもの、熱燗でしょ。
今考えると、翌日仕事だっつーのに日本酒は完全な自殺行為。

わかっちゃいるけどやめられない

植木先生、あなたは正しい(笑)

結局会社の先輩を「半ば強引に」呼び出して晩飯に付き合って頂く。

Dscn0219

死者もシシャモ(雄雌各3匹)

Dscn0220

秋鮭のハラス

Dscn0220_2

鍋(これで一人前だそうで)

等々いただきつつ、熱燗グイグイ。
北海道民に生まれて良かったとつくづく思います。
翌日「見事な二日酔い」ができたという話は置いといて。

我が家にはCS等という贅沢な契約は無い。
凱旋門賞の結果はインターネットの記事でしか見られない。

0:00過ぎに結果を知る。
…クビ差2着。

酔っぱらっていたせいもあったが、悔しくて泣けた。

エルコンドルパサーの時は「凄いなあ」って思ったし、ディープインパクトの時は「残念」と思った。

この2頭の事があったからだろうか、世界が見えていた気がしたのかもしれない。
現にフランス、アメリカ、ドバイ、香港、シンガポールではGⅠ勝ちだってある。
もう日本競馬は世界と闘っていけるのだ。
しかし「凱旋門賞」という名前には、あと一歩が届かない。

もちろん大健闘なわけですよ、フルゲート20頭立ての2着ですもの。
馬も騎手も充分三時賛辞に値します。

ただ、世界の記録にも記憶にも残らない。
日「凄いぞナカヤマフェスタ!」
仏「…2着じゃん」
こんな温度差なんでしょう。

挑戦は続けて欲しいと思います。
諦めてはいけません。
いつの日か、ロンシャンに君が代が流れる日まで。

オリンピックじゃないんだから(笑)

|

« (簡単に)スプリンターズSの回顧 | トップページ | 《POG情報》10/2、3の出走結果と次週の特別登録馬 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

最近、北海道産のシシャモは高級魚なのだそうです。

スーパーなどでシシャモと称して売られているのはロシア産の偽物なのだそうで。

余談ですが、タモリ氏も「シシャモは雄が旨い」といいともで言ってました。

投稿: Ben | 2010年10月 5日 (火) 23:40

北海道だからししゃもは本物でしょうね
オスは肥料やエサになるものと思っていましたが ネットで調べると 本物のししゃもはオスもおいしいとでていました
本土のししゃもは別の魚に卵を入れて子持ちししゃもにしているみたいです

投稿: 夢人 | 2010年10月 5日 (火) 10:11

周りの人たちは「子持ちシシャモ」が好きだというのですが、私個人的には雄のほうが好きなのです。
(大きい方が雄です)

海外の競馬、特にヨーロッパは狭い間隔で馬がひしめき合う競馬になるそうで、それだけに騎手力が問われるのだそうです。
外国人ジョッキーが来日する度に勝たれてしまうのは、そういった騎手力の差があるのかもしれません。

投稿: Ben | 2010年10月 5日 (火) 07:54

ナカヤマフェスタは枠入り直前、いつものように(?)元気に尻っぱねしてましたよ。
それにしても、海外の競馬というのは荒いですね。
少々ビックリ


あと
シシャモの雄雌というのは初めて見ました。

投稿: ルン | 2010年10月 5日 (火) 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに俺は泣いたんだ:

« (簡単に)スプリンターズSの回顧 | トップページ | 《POG情報》10/2、3の出走結果と次週の特別登録馬 »