フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 二次元歓迎 | トップページ | »

2010年5月 1日 (土)

血の宿命を打ち破るのか

今日は二日ぶりに休肝日。
一昨日は『発寒の先生』と呑む(馳走になりました、無事帯広から日帰りされたでしょか)。
昨日は会社の若い面々と呑む。

若い人たちと呑むのは、少し疲れるかも。
この辺にも最近年齢の壁を感じつつあるなあ。

明けて本日は仕事をそこそこに。
相変わらずモチベーションが今一つですわ。

帰宅時に「アリス・イン・ワンダーランド」を観に行くかどうかで悩んだが(今日は1stDayサービスで1,000円/本なのよね)、止めた。

馬馬鹿がGⅠ前日に遊び呆けては、いかん。
名古屋では呑んでましたがね(笑)

さて、非常に混戦模様の天皇賞(春)。
まずは1番人気フォゲッタブルの取捨選択。
切ろうかと思います。

☆フォゲッタブルの簡単家系図
Groove2
このように圧倒的な『女系一族』、GⅠ馬は全て牝馬。
牡馬でGⅠ連対もフォゲッタブルが初めてという状況。
危険だ。

☆ダンスインザダーク産駒の菊花賞馬
・ザッツザプレンティ
・デルタブルース
・スリーロールス
☆ダンスインザダーク産駒の天皇賞馬
・無し
菊花賞では他にもファストタテヤマやフォゲッタブルが2着しており結構強いが、同じ京都の長距離GⅠなのに天皇賞ではからっきし駄目。

これでもフォゲッタブルは来るだろうか。
勝てば「自ら血の宿命を打ち破った馬」として尊敬に値する。

どうやらジャガーメイルあたりから買う事になりそうだが、今回は随分と目移りする。

寝て起きたら閃かないかな(笑)

« 二次元歓迎 | トップページ | »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

夢人様
>すんなり フォゲッタブルですよ
すんなりいかないのが競馬なのです。

ルン様
博多どんたく、九州上陸経験が無い私には閃きませんでした。

今朝の閃き、“博多どんたく” だったらスゴイですね

すんなり フォゲッタブルですよ
ジャガーメイルは騎手で魅力ありますが

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 血の宿命を打ち破るのか:

« 二次元歓迎 | トップページ | »