« ガラスの四十代 | トップページ | 舌の根が乾いた事にする »

2010年3月10日 (水)

それほど感慨もなかった気がする

ちょっと参加してみる。

ブログネタ: 「卒業」と聞いて思い浮かぶ曲は?参加数拍手

そか、そんな季節だわね。
若かりし頃のちょっとしたイベントだったな。
最後の卒業からもう24年か、早いもんだ(笑)

このキーワードで人気アイテムは「尾崎」か「松任谷」なんでしょうな。

ただ、私らの世代だとどちらもリアルタイムでは無い感じ。
ユーミンはほぼ20歳過ぎて松任谷さんになったから聴き始めましたから。
そういう意味では「松山」ですかね。

だけど今、夢がある
ささやかな、夢だけど
明日があるから

良い歌詞だね、確かにあの頃は夢があったね。
現実を知ると、夢が見られなくなるね。

そういえば「つまらない大人」ってーのも歌詞によく使われる台詞ですな。

乾いた笑いしか出ませんな(笑)

|

« ガラスの四十代 | トップページ | 舌の根が乾いた事にする »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それほど感慨もなかった気がする:

« ガラスの四十代 | トップページ | 舌の根が乾いた事にする »