フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 《POG情報》1/17の結果と1/23,24の特別登録馬 | トップページ | 明日こそはの想い »

2010年1月18日 (月)

またひとつ、昭和は遠くなりにけり

日本ハムファイターズの小林繁コーチが亡くなった。
57歳、あまりに早い。
やはり思い出されるのは「空白の一日」
元々阪神ファンではあったが、あれで巨人がより嫌いになったことを思い出す。
つーか、「正力」が嫌いになったわけだが。

今でこそ江川卓氏の解説は聞いてて「なるほど」と思う解説だ。
日本テレビの野球中継は「江川/掛布」が一番良いと思う。
あとはただの「巨人ファン」だし(笑)
「江川/掛布」は現役時代の対決も面白かったしね。

話が逸れましたが、プロ野球選手としては明らかに細い身体で小林氏は良く投げたと思う。
あの独特のサイドスローも良く真似したものだ。

合掌

しかし、週末に聞いた訃報はもっと衝撃だった。

声優:田の中勇氏の訃報である。
目玉のおやじは田の中勇氏でなければいけない。
かつて何人が「おい、鬼太郎」と真似したものだろう。
多分「日本一ものまねされたアニメキャラ」だろう。
それくらい氏の声には特徴があった。
そして46歳になった自分が物心ついたときには、氏は既に「目玉のおやじ」だった。
あの声が聞けないのであれば、もう鬼太郎はアニメ化してはいけない。
そう思わせるほどの偉大な人だ。

ルパン三世:山田康雄氏の時もそうだったが、あの声がもう聞けないと思うと哀しい。

「おい鬼太郎、茶碗の湯がぬるいぞ。」

改めて、合掌。

« 《POG情報》1/17の結果と1/23,24の特別登録馬 | トップページ | 明日こそはの想い »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「恥を感じない」順番は、若い女性が一番恥を感じやすく、おじさんが一番感じにくいのです。私もその一人です…。

なるほど、おやじギャグにはそんなメカニズムが。
そういえば「おばさん」って恥も外聞もない行動に出る事ありますもんね(人によるでしょうが)。

キャラクターがあっての声か、声あってのキャラクターか…なかなか難しい問題ですが、どちらもありだと思います。目玉オヤジの声…あの声でなければ、と思わせる声ですものね。
オヤジギャグの件、脳の前頭葉の恥を感じる部分が機能低下してきて起こるものの様です。順番としては、若い女性⇒おばさん⇒若い男性⇒オジサン、の順だそうです(所さんの目がテン!という番組で取り上げていました)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またひとつ、昭和は遠くなりにけり:

« 《POG情報》1/17の結果と1/23,24の特別登録馬 | トップページ | 明日こそはの想い »