« 長距離は騎手なのか | トップページ | 死ぬかもしんないと思った45の秋 »

2009年10月22日 (木)

看板に偽り有り

昨日は「長距離は騎手なのか」と銘打って置いて騎手の話を書かずじまい、酔って文章を構成するのは事実上無理だと反省。

これからは本文を書いてからタイトルを付けるようにします(笑)

さて、今朝のニュースで女優:南田洋子さんの訃報を知りました。
ご冥福をお祈りいたします。

私たちの世代は女優というより「特ダネ登場」の回答者とか、「シオノギミュージックフェア」の司会とかクイズダービーの回答者というイメージが強く残っています。

「特ダネ登場」なんて、もう誰も知らないのでしょうね。
ナレーションが西友声優の熊倉一雄氏でね。
「この方は」と紹介するところを「こんのかったーはー」と独特の語り口で紹介するところが印象的でした。
熊倉一雄氏といえば、あの名曲「ゲゲゲの歌」の歌い手としても有名ですな。
その後色々な人が歌ってますが、やはり私たちの世代はなんといっても熊倉一雄バージョンが耳に残っています。

「ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲー」の「ゲ」の前に小さく「ん」が聞こえるのが秀逸です。

「ンげ、ンげ、」って聞こえなきゃ「ゲゲゲの歌」ではありませんよ。

あれ、何の話だっけ(笑)

さて、今日こそ今日距離は騎手なのかという話を。

菊花賞に勝つのは結構騎手にとっても名誉だと思うし、実際過去に菊花賞を複数回買っているのは名騎手の誉れ高き人たちばかり。
トップは武豊だしねえ(4回:スーパークリーク/ダンスインザダーク/エアシャカール/ディープインパクト)、一番驚いたのはエアシャカールの時で、自分がPOGで持ってたから特に印象深いのですが、あの『バカ馬(失礼)』が淀の3,000mで勝つとは思いませんでした。
POGで持っていただけの理由で馬券は取りましたが、絶対負けると思っていたのでレースは見ませんでした(苦笑)。
見た友人の話では、内ラチ沿いを最短の位置取りで回って勝ったらしいです。やはりこの辺が天才と呼ばれる所以なんでしょう。

岡部騎手は3回勝ってます、シンボリルドルフ/レオダーバン/ビワハヤヒデ。
ルドルフはいいとして、レオダーバンあたりはやはり騎手の腕でしょう。
レオダーバンのファンの方には陳謝。
でもレオダーバンもエアシャカールもその後未勝利で引退してますしね。

やはり「騎手で勝つ菊花賞」は十分あり得ますな。

そんな意味で今年の菊花賞は…
岩田(アンライバルド)
武豊(リーチサクラウン)
福永(セイウンワンダー)
四位(イコピコ)
横山典(ポルカマズルカ)
蛯名(ナカヤマフェスタ)
この辺でしょうか、菊花賞未勝利は福永だけ。

げ、ロードアイアン出ない…

あ、「げ」ではなく熊倉一雄氏風に「んゲ」で(笑)

|

« 長距離は騎手なのか | トップページ | 死ぬかもしんないと思った45の秋 »

コメント

オウムが「んゲ」って歌ったらひと稼ぎできると思います、一攫千金狙ってみてください(笑)
そして藤田は『切る』とだけ言っておきましょう。

投稿: Ben | 2009年10月23日 (金) 22:48


うちのヨウムに毎日 「ゲッ ゲッ ゲッゲゲーのゲ~♪」 を振り付きで教えていますが
明日からは 「んゲッゲゲーの んゲ~~♪」 と歌ってみます。


菊華賞

今1番コワいのは藤田伸二です


投稿: ルン | 2009年10月22日 (木) 23:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 看板に偽り有り:

« 長距離は騎手なのか | トップページ | 死ぬかもしんないと思った45の秋 »