« 休みは有効に | トップページ | 《POG情報》9/5,6の出走馬 »

2009年9月 3日 (木)

お前が「ともだち」か!

行ってまいりました、20世紀少年~第3章~。

なかなかの客の入りで、ほとんどが20~30代の中で自分たち世代もチラホラ。

そして、なぜこの映画にハマったかわかりました。
要は「謎解き」なんですね。
原作を読まない限り最後まで誰が「ともだち」かわからない。
それが誰なのかを考える、結構意外な人物ではないか?などと。

結果として、こういうところで予想が的中してしまうと。
的中は週末に欲しいわけで(笑)、映画には裏切って欲しかったんだけどなあ。

以下、ネタばれ

結局「ふくべえ」が「ともだち」だったという予想通りの結末。
正確には「科学の実験大好き勝又君」だったのですが。

つーか、同窓会の時に「ふくべえ死んでた」に誰か気づけよ(笑)

1番怪しかった「ヨシツネ」はやはりシロだった。
第1部でビルから落ちた後、はっきりと死体が出てませんでした。
加えて、日本映画はキャスティングされた役者の格で読める。
これだけ引っ張った揚句に犯人が「誰?」では盛り上がらない。
そういった意味で佐々木蔵之介あたりは配役上でも問題なし。
予想が当たって嬉しいのですが、逆に残念だったりもする。

あと、序盤から中盤にかけて少し中だるみ。
日本映画の特徴ですね、少し説明臭さが鼻につく。
第1章⇒第2章⇒第3章の時間経過で、それぞれのキャストがどのように過ごしていたのか説明し過ぎだと思うのですよ。
マルオとかケロヨンのくだりは、その辺が明らかでした。
あのシーンはウィルス製造にかかわる部分だから外せなかったかもしれないが、飛ばしても大きな問題にはならなかった気がします。

そして、今回はそれぞれのキャストも余り活きていなかったなあ。
第2章あたりはケンヂが出ていなくても面白く見られたのですが。
経緯の説明が多すぎて、そこに気が回らなかったのかな。

そしてタイトルロールあとに「解決編」というか、「大団円」というか。
多分あのシーンは原作には無いのでしょう。

さて、これから原作を読んでみて映画版をどのように感じるだろう。
「ともだち」の正体がわかってしまっただけに、微妙だが浦沢直樹の作品は面白いからね。

PLUTOも読みたいんだけどな。

|

« 休みは有効に | トップページ | 《POG情報》9/5,6の出走馬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お前が「ともだち」か!:

« 休みは有効に | トップページ | 《POG情報》9/5,6の出走馬 »