« 反省徒歩帰宅 | トップページ | 出走確定Kカップ »

2009年8月27日 (木)

頭使わない映画ブラボー

結局『GIジョー』観てまいりました。
なんか深く考えなくていい映画なわけで。
精神的な疲労を感じている時に観るには良い映画でした。

以下、ネタバレ的な。

なんか、いかにも『次の用意がありますよ』と言わんばかりの作りで(笑)
今回は登場人物が『なぜこの人はここにいるのか』みたいな紹介の部分が多くて、最後も『大統領が誰かを覚えとくと次に観るときいいよぉ』と伝わる作りです。

ただ、何も考えないで「おお、すげぇ」って言える感じがとても良いです。

「え、弟はあの空爆で生きてたの?」っていうくだりはあり得ない話ですし、切られて海に落ちたイ・ビョンホンも自作以降で出てきそうな予感。

それと、相変わらずアメリカ人が日本を表現するとメチャクチャで、東京のど真ん中に超広い敷地のカンフー道場とかいるし。

つーか、スネークアイズは誰がやっても全く問題ないし(顔出ないんだから次回作でキャスト代わっても誰も気づかないし)。

ただ、レイチェル・ニコルズは凄い綺麗。ここ数年のハリウッド女優では一番綺麗じゃないかと思います(当然好みの問題はありますが)。

ただ、CGとかメカ系の作りとかはさすがでして(かなり格好いいメカの造形でした)、もはや実写がアニメを超える日は近いんじゃないかと思える出来です。
アニメはアニメとして、無理にCGアニメにするんじゃなくて2次元を主張できるものがいいんですよ。
そんなわけで今日も『ケツが痛くならない』良い映画でした。

|

« 反省徒歩帰宅 | トップページ | 出走確定Kカップ »

コメント

夢人様
GIジョーは夢人さん向きではないかもしれないです(でも良く映画評論で言われている人物描写はそこそこできてたかも)。
自分は大阪万博の時6歳だったのでドンピシャですが、決してそれだけではないと思うのです。
原作者の浦沢直樹(YAWARAを書いた人です)が凄いんだと思うのですよ。
私は映画版を満足してから原作を読もうと思うのですが、一連のかれの作品はとても楽しめます。

アンミラ師匠
コニチワー(笑)
そうか、やはり観たか。
あれさ、子供のころ「戦隊もの」ファンだった世代にはタマラナイよね(笑)
あと、メカ好きにもいいかもね。
そしてテニスルックでサーブ&スマッシュ!(笑)

投稿: Ben | 2009年8月27日 (木) 23:36

自分も鑑賞済です(詳細は8/17参照)
次は東京タワーが狙われるぅ~、イヤだぁ~、
イヤだぁぁぁ~(レッドシアターのレイコ風)

投稿: アンミラ | 2009年8月27日 (木) 23:19

GIジョー はずれではなかったのですね
Benさん推奨の20世紀少年 テレビで録画したやつを最後まで見ましたが この映画40才前後の男性だけが楽しめるような映画と思いました
ロボット出現の場面 同じような雰囲気の画面は少年探偵団だったかな 怪人20面相だったかな(4~50年前の映画です)に出てきたカブトムシ型の戦車の登場にそっくりでした
大阪万博を子供の頃に迎えた年頃の人が楽しめる映画と見ました

投稿: 夢人 | 2009年8月27日 (木) 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 頭使わない映画ブラボー:

« 反省徒歩帰宅 | トップページ | 出走確定Kカップ »