フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 薄暮というより薄曇で薄寒 | トップページ | 何もかも早い »

2009年6月22日 (月)

夏の札幌の楽しみ方

夕べは深夜から途轍もなく下痢でほとんど眠れず。
本日はフラッフラで帰宅。

求ム、転職先!

下痢とは関係ないが、今の本心である。
それも、かなり急務だ。
転職サイトに申し込もう。

で、余りのショックな出来事に夕べ下痢したと書いておきながら麦酒飲んでるわけ。
そのあとは焼酎を呑むわけ。

結局、現状酒と馬からは抜けられぬ。

そして昨日の反省を元に、夏の札幌の過ごし方を考える。

土曜日は手広く、日曜の買い目は絞れるだけ絞る。
そうでなければ確実に赤字だ、それくらい日曜の札幌は固い。
そう、あの函館記念でさえ固くなる。

ここでこその藤田
毎年北海道リーディングといえば藤田だ。
でもたまに2着付けがおいしい。
土日の両方で連勝できることはない。

暑いからって半袖で一日中いられると思うな。
寒いぞ、はくぼ(笑)
昨日は10R終了後にホットコーヒーを呑んでしまった。
最終R終了のころには指先が痺れた。

1レース600円。
1点100円で4頭BOXできる金額を上限に。
3頭に絞れれば1点200円!
「!」つける金額か(笑)

酒は呑まない!
努力はしよう(笑)

よし、マイルール作成だ。

強い意志を以て臨もうじゃないか。

宝塚記念のお話は出走馬確定の頃にでも。

« 薄暮というより薄曇で薄寒 | トップページ | 何もかも早い »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の札幌の楽しみ方:

« 薄暮というより薄曇で薄寒 | トップページ | 何もかも早い »