« 桜花賞協奏曲① | トップページ | 桜花賞狂想曲③ »

2009年4月14日 (火)

桜花賞協奏曲②

4/12 5:00起床。
さすがに前夜21:00に寝ただけあって余裕。
6:00の阪急電車で仁川へ。
思ったより行列の人数が少ない。
この辺りが関東圏のGⅠとの大きな違いか。
でも前回(H13宝塚記念)来た時よりも明らかに少ない。
この辺が競馬人気の衰退を物語っているのだろうか。
私にとってはありがたい話だが(笑)
行列が少ない分開場も遅く8:30、狙いの撮影ポイントを確保。
阪神競馬場のパドックはちょっと変わった形になっており、最前列にいると見上げる形になる。写真を撮ろうとすると柵が邪魔になってしまう。
少し遠いが2階からの撮影が良さそうだ。
と、前日リサーチ済み。

朝の1,2Rを買うが本日も馬券は絶不調。
これはリズムを変えるためにも一旦「見」にする。
とりあえず、Beer(笑)
いいじゃないの、バカンスですもの。

6R直前に夢人さんからCall。
4コーナーの丘へ。
夢人さん、ルンさん、モリノブさんに初対面のご挨拶。
Beerを一杯頂く。
良さそうな人達で安心した。
8R、忘れな草賞撮影のため一旦離脱。
痛恨の裏目、やはり日曜日の藤田だった。
9Rはあきらめて桜花賞出走馬の登場を待つ。

Vista1
 
 
 
 
 
ビスタ登場!
うむ、実に落ち着きはらっている。
気負いもなく、しかし目に意思が感じられる。
…ような気がする(笑)
自慢じゃないがパドックを観て馬がわかるほどの眼力は無い。

Vista2
 
 
 
 
 
いい、実にいい。
トゥリオンファーレに爪の垢でも飲ませてやりたい(笑)

Vista3
 
 
 
 
 
アンカツが乗ってもイレ込まない。
パドック気配としては完璧だ。
…と思っただけ(笑)
アンカツさんも出てきたときは笑顔だったし大丈夫だろう。

パドック撮影を終え、本馬場へ。
なんとかゴール前の人ごみに紛れる。
蒼井優が来ている。
ちょっと見たいが、この人だかりでは無理だ。
ファンファーレ。
毎年遠征の度に思うのだが、ついつい新聞振って手拍子打ってしまう。場の雰囲気にのまれやすい。
酒にも呑まれやすいが(笑)

レースは一時も安心できず。
やはり後ろから行く馬を応援するのは心臓に良くない。
案の定4角で前が詰まった。
福永がうまく内をカットした。
あれで正直終わったかと思ったが、外に出してからの能力差が歴然。
⑱レッドディザイアを交わしたところがゴール。
おもわずゴール前で絶叫してしまった。
ビスタが勝った歓喜の絶叫だったが、ほんの数秒で馬券を外した事実に落胆。我ながら面倒な性格だ(笑)
ええ、3歳春にマンハッタンカフェ産駒を買う気はありませんとも。

結局土日通して馬券は未勝利だったが、ビスタが勝つところを生で見られただけで本望だ。今回は良いライブを見せてもらった観戦料という事にしよう。

オークスが楽しみになった反面、個人的に距離不安説が頭をもたげる。

メイン終了後、前述の面々と合流して宝塚売布へ移動。
オフ会開始。
1軒目は「馳草屋 厨」
和食っぽくもあり、イタリアンぽくもある。
美味しく頂きました。
話に花が咲き、ビール→ワイン→ジンと機嫌良く頂く。

程よいところで移動。
2軒目は「バー 小林」
マンハッタンを注文。
はて、気がついたら駅のホームだ。
更に気がついたら三宮駅のホームだ。
更に気がついたらホテルのベッドだった。
結局旅先でも記憶が飛んでいた。

なんだかなあ。
楽しかったので良しとします(笑)

皆様、お世話になりました。
おまけにお土産まで頂いちゃって。
ありがとうございます。

③へ。

|

« 桜花賞協奏曲① | トップページ | 桜花賞狂想曲③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞協奏曲②:

« 桜花賞協奏曲① | トップページ | 桜花賞狂想曲③ »