フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 雑誌の表紙でノスタルジックになる事だってありますよ | トップページ | 天津木村の「ドレッシングのシャカシャカ」はさすがに… »

2008年10月 7日 (火)

いつもの事ながらココログのサーバーの重さには頭に来る

なんだろね、@niftyはユーザーの事少しは考えて欲しいね。
金払ってる客と無料の客の区別くらいして欲しいね。
Blogの投稿画面の表示に何分かけるつもりだろ。
本気でISPの変更を考えなきゃいけないね。
やっぱNTT傘下のISPの方がいいのかなあ…

てなわけで昨日はGallopの表紙ですっかり感傷に浸ってしまったが、ふと気がついたらメイショウサムソンが惨敗してましたな。
あの結果をみると一昨年のディープインパクトやかつてのエルコンドルパサーの凄さを今更ながらに思い知ります。
で、そのメイショウサムソンだがJCをラストランにする模様、馬券的に凱旋門賞-JCと負けて有馬で復活のラストランというオグリ的なドラマを想定していたのだが叶わないようだ。

« 雑誌の表紙でノスタルジックになる事だってありますよ | トップページ | 天津木村の「ドレッシングのシャカシャカ」はさすがに… »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

コメント

うーん、今週のGallop誌にはそういう記事が載ってました。
でも正直潮時かなって思います。
種牡馬になれるだけの実績充分ですしね。
子供に期待しましょう。

メイショウサムソンの話しは本当ですか!?


まだまだガンバレそうなのに・・・・・・寂しいです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつもの事ながらココログのサーバーの重さには頭に来る:

« 雑誌の表紙でノスタルジックになる事だってありますよ | トップページ | 天津木村の「ドレッシングのシャカシャカ」はさすがに… »