フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 飲めなくても飲む | トップページ | ストレスの無い生活 »

2008年7月 2日 (水)

黒⇒灰色⇒白と思ったら赤

もう気分は最悪だったわけですよ。

6/29(日)
仕事の合間に宝塚記念の結果を知る。
まあ、外れるのはいつもの事だ。しゃーない。
決して気分が良いわけじゃないので寝る。
気分:グレー。

6/30(月)
休み。
午前中にGallopを買って、ロックドゥカンブの故障を知る。
生死に関わるような怪我じゃなくて良かったが、復帰できるか心配。
電話で胃カメラの予約を入れる。
過去に2回ほど潰瘍になっているので初めての胃カメラじゃないのだが気になることがある。
どうも以前の潰瘍の時とは痛み方が違うのだ。
ちょっとした痛みなら「いつもの事」と放っておいたりすることもあるが、気になる。
最悪の事態も想定する。
気分:ブラック。

気分がドンヨリしたので映画館へ、インディージョーンズを観る。
なんだろう、さほど感動もせず。
レイダースの頃は冒険活劇的な映画も少なかったが、今では似たり寄ったりの映画が多い。
・ナショナルトレジャー
・トゥームレイダー
・ハムナプトラ
ダヴィンチコードだって考え方次第では「お宝もの」だ、ちょっと市場に氾濫しすぎたかな。個人的にはナショナルトレジャーの方が面白かった。
そーいえばハムナプトラも「3」が来ますな。
それよりも予告ポスターの緒方拳のぬらりひょんの映像のインパクトに驚く。
なんか、ルーカス続編作りそうな予感。キャスト代えて。
さて帰るかと地下鉄を待っていたら東京に転勤したはずの先輩から連絡、札幌にいるとの事。
呑む。
気分:ブラック、少し薄まる。

7/1(月)
朝から胃カメラ、憂鬱。
前週は飲めなかったにもにも関わらず、あっさり入る。
大体胃の中なんてものは口の中と色合いなど変わらないのだが、十二指腸に入ってちょっと様変わり。
なんか、小さな赤い斑点みたいなのが一杯…
な、なに?
「相当炎症起こしてますねえ」
あ、炎症なんだ。「悪性の腫瘍」的なものかと思った。
気分:グレー⇒ホワイト
さすがに「夕べ呑んでました」とは言わない。

どうやら私の消化器官内には「ピロリさん」がいるらしい。
癌の原因とさえいわれてるのに「ピロリ」って名前に緊張感が無い。
どうやら薬でピロリさんをやっつけるんだそうな。
でもその前に「赤い十二指腸」を元の色に戻さねばならない。

とりあえず命に別状は無いらしい。
相変わらず命根性だけは汚いようだ。
でも、あんな赤い十二指腸見てしまったら、しばらくは呑めないなあ。

多分(苦笑)

« 飲めなくても飲む | トップページ | ストレスの無い生活 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
まず前夜は21:30くらいまで呑んでました。多少斑点は増えたかもしれません(苦笑)とはいえ胃はきれいなものだっただけに、やはりあれは「炎症」でしょう。+αはあったかもしれませんが。
気分は「快晴」とはいえませんが、とりあえず「ポリープ」の類でなかったのはひと安心です。
仕事のペースも少し落ち着いてきたので、少し夏競馬でのんびりしたいんですがねえ、かえってよくないかも(笑)
まずは完治目指して頑張ります。
数々のお見舞いありがとうございます。

おばんです。
小さな赤い斑点であれば、それほど悲観的にならなくても大丈夫だと思いますよ。
やってる最中にドクターに「何だこりゃ」って言われたことありますから^^;
その時は「夕べ呑んでました」とは言いませんでしたが、そんなことはお見通しらしいですよ。w
おだいじに。

とりあえず

>気分:グレー⇒ホワイト

になられてヨカッタです
これで安心して夏競馬に集中できますね!


ピロリの響き。
本当に緊張感無さすぎですよね。
初めて聞いたときは、ビフィズス菌の親戚かと思いました。

予想は故人もとい 個人の自由です ごもっとも
気になったことがひとつ 胃カメラの前日は何時ごろまで飲みましたか? 8時ごろからは胃を空にしなくてはいけないんじゃなかったのかな
ピロリ菌を退治すれば 胃潰瘍は思ったより早くよくなりますよ はやくよくなっていつものBen節を聞かせてください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒⇒灰色⇒白と思ったら赤:

« 飲めなくても飲む | トップページ | ストレスの無い生活 »