フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 劣悪 | トップページ | 黒⇒灰色⇒白と思ったら赤 »

2008年6月28日 (土)

飲めなくても飲む

大変ご無沙汰しております。
なかなかにHeavyな1週間でした。

6/24(火)
病院へ。
満腹と共に胃痛が起きるので、さすがに行った。
「朝ごはん食べました?」「いいえ」
「じゃ、胃カメラしましょうか」「…はい」
初めて行った病院だったので、鼻から入れる方の胃カメラを期待したが…口の方だった。
やはり飲めず。
さすがに落胆。

6/25(水)
会社の飲み会。
初めてでは無いだろうか、3時間ウーロン茶。
苦痛、ものすごく苦痛。

6/26(木)
銀行員の知り合いが転勤で送別会。
4時間ウーロン茶。
楽しかったので気が紛れた。

6/27(金)
会社の飲み会(2)
我慢、限界
「八海山を下さい」
ちょいと一杯のつもりが…
暴飲。

宴会3連発は…ある意味毒(苦笑)

来週は飲めるといいな…胃カメラ(泣)

さて、上半期の締めです。
ビシっと当てましょう。

■第49回宝塚記念(GⅠ)
◎ロックドゥカンブ
○メイショウサムソン
▲アルナスライン
△アサクサキングス
特にひねりもない1~4番人気の予想です(笑)
馬連ならこれで十分でしょう。
ただ、3連単となれば話は別、3着にはノーマークが突っ込んでくる予感。

固く買うか、冒険か。
朝の気分で決めるとしよう。

« 劣悪 | トップページ | 黒⇒灰色⇒白と思ったら赤 »

心と体」カテゴリの記事

競馬」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

夢人様
予想は人の自由なんじゃないですか?

コメントありがとうございます、無事胃カメラ完了してまいりました。
もうしばらくは御遠慮したいです。
もっと他に楽な方法があればいいんですけどねえ。

ロックドゥカンプ 要らないと言ってあげたのに
本当に頑固なんだから 

ご無沙汰です。
胃カメラの経験は自分も10年以上前にありますが、つらいですよね。
でもそのころからみると、径も細くなっているので今は楽になっているとは思います。
自分の知っている病院では、困難な患者さんに裏技で鼻用スコープ(5.9mm径)の口から挿入法を使っています。
ちなみに中央区のちかま胃腸科(駅前通りのグランドホテル斜め向かえ)は、鼻用スコープもあり、テクニックもうまいらしいですよ。

追伸
自分は昨年大腸スコープを経験しましたが、もうイヤです。
術前処置がつらいのなんのって。

胃カメラつらいですよね・・・
年に1回人間ドックで飲んでます。
オプションで、鎮静剤の皮下注射
なるものがチョイスできるのですが、
私はアレルギー体質のせいか、
これ打つと昏々と眠ってしまうのです。
で、まぁ通常の「ただ飲み込む」法。
喉が敏感でオエっとなりやすく、
非常につらいのですが、
コツは
「遠くを見る」こと。
目をつぶってはいけません。
処置室で目の届く限り一番遠くを見る。
若干焦点はぼかしぎみ。
で、ひたすら鼻から息を吐く。
一番よくないのは「ごっくん」です。
それくらいかなぁ・・・

明日は
アサキンとオーラで勝負します!

追記です。


要するに、「意識下鎮静法」 を導入しているお医者さんを探すということですね。

あまりにもお気の毒なんで、ちょっとでも参考になればなぁと思い貼っておきます。
私の通院する病院ですが、それはそれはラクな胃カメラです(ラクと言うか、知らないうちに全てが終わってます♪)
もちろん、鼻からでなく口から飲むタイプです。

http://www.tms-mc.com/

胃カメラがツライという話しはいやというほど聞いております。
が、時代はずいぶん変わってきました。
その気になって探せば、Benさんの近隣にもラクに飲ませてくれる病院がきっとあるはずです(大病院は意外と×ということもお忘れなく)


人一倍こわがりで意気地なしの女より

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲めなくても飲む:

« 劣悪 | トップページ | 黒⇒灰色⇒白と思ったら赤 »