« 色とりどりの紙飛行機 | トップページ | 自炊でメタボ »

2008年3月10日 (月)

出会いと別れ

少々寝不足、原因は「人志松本のゆるせない話」。番組タイトルからして明らかに木村祐一がメインの番組と思っていた(何回「考えられへん」って言うか楽しみだったw)が、千原ジュニアがウケた。セミのネタ、最高でした。
「すべらない話」はすっかりメジャー化してから内容がすっかりトーンダウンしてしまったが、この番組は深夜枠で無くてもいいのでひっそりとやって頂きたい。
で、寝不足のこの身体に春の陽気は毒。今日の帰宅時にNHKの温度計を見たら18:30で気温6.6℃、いよいよ最低気温もプラスになるだろうか。
おかげで幹線道路はだいぶ雪解けとなったが、路地へ入ると轍がヒドい。フェラーリなんか絶対走れない(笑)

でも春っぽくなったおかげで「弥生賞」って言葉が少し受け入れられました。さすがに「チューリップ賞」は気配すら微塵も感じられませんが。

話がガラっと変わりますが、サンアディユ死んじゃったんですね…
オーシャンSのスターターのミスが原因だったとしたらあんまりですね、私としては人災では無かったと信じようと思います。アドマイヤキッスに続き、名牝がいなくなってしまうのは子供が見られないという意味も含め残念でなりません。
往く馬があれば来る馬もあるのでしょう、もうすぐ春のクラシックです。

|

« 色とりどりの紙飛行機 | トップページ | 自炊でメタボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出会いと別れ:

« 色とりどりの紙飛行機 | トップページ | 自炊でメタボ »