« 人事で無い | トップページ | どんどこざぶん »

2007年7月27日 (金)

「あなたの心です」

あまり観る気はしなかったが、特に見たい番組も無かったのでルパンを観た。

率直な感想:関根麻里のヘタさ加減
⇒あんまりでした、マジで。

峰不二子の子孫役の西尾由佳理は出演時間も短いので我慢する。

ルパンⅢ世といえば山田康雄だ。次元大介といえば小林清志だし、銭形警部(とっつぁん)といえば納谷悟朗だ。
別に栗田貫一を否定する気は無いし、それが良いのなら観て頂いて差し支えございませんの事です。
でもなぁ、中学生時分から観ていた立場の人間としては山田康雄にはちょっとこだわりたい。
お笑いスター誕生も観てたし(笑)

でも峰不二子役の増山江威子さんは1936年4月22日生まれの71歳

!!!!!

声優、恐るべしだなあ。

でもさすがに次元もとっつぁんも声が老けた。『ドラえもん』や『サザエさん』のようにぼちぼち世代交代、やむなしと思う。

人は年を取らないで欲しい人と、さっさと年取って(死んで)欲しい人が居ます。

ちょっと黒いネ。

|

« 人事で無い | トップページ | どんどこざぶん »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

あ、なるほど。そういえば同じ会社の某アヒルのキャラも「グワグワ」言う程度ですものね。
ルパン達はどうなってゆくのでしょう・・・

投稿: Ben | 2007年7月29日 (日) 16:18

某ネズミのキャラがこれだけ長く続くのは、彼らが声を持たないからだと思うのです。
かなしいかな、声を持つキャラクターは、ともすればその声とともに使命を終えてしまう宿命みたいなものを持っているのかも知れませんね。
ドラえもんの声優陣が変ったときも、違和感がありましたが、本当に力のあるキャラクターは、それをも乗り越えていくのだと私は思っています。

投稿: かねとしがばなー | 2007年7月28日 (土) 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「あなたの心です」:

« 人事で無い | トップページ | どんどこざぶん »