« 神様 | トップページ | 度数やいかに »

2007年6月20日 (水)

軽やかな現実逃避

このところ仕事で色々自分を追い詰めていた。

ちょっと溜まってきたので上司のお許しを得て有給休暇を頂く。

こんな時は映画に限る、最も簡単な現実逃避。

3本観たところでメゲる。
以下、ネタばれ。

1:スパイダーマン3
恐らく「3部作」なんでしょうね、今までの蟠りが全て解けて円満解決。
いかにもアメリカンな映画です。途中に中だるみがあったりしますが全体的には楽しめる映画です、エンターテイメントの国:アメリカを実感します。

2:パイレーツオブカリビアン ワールドエンド
ジェリーブラッカイマー流石、3時間が苦痛に感じません。エンターテイメント力では明らかにこちらの方が上位で文句無し。よく観ないと分らないスペシャルゲストも出ているあたりに、この映画のアメリカでの人気が伺えます。まさかキース(腰にギターがくっついてる人)がねぇ(笑)

3:大日本人
観るべきではなかった、恐ろしくスベってました。2時間近い作品で笑えたのは「たったの」5分。板尾だけ、といったところ。7泊8日でも薦められません。

来週は当社のマイスターお勧めの「300」を観覧予定。

|

« 神様 | トップページ | 度数やいかに »

コメント

そうなんですよ。昔は洋画3本立てなんて当たり前で、夏冬の休みには「東宝チャンピオン祭り」とか「東映マンガ祭り」の5本立てが当たり前でした。
ただ、最近の映画は上映時間が3時間になっていたりするので4本目は厳しいです。最近の映画のほうが目が疲れますしね(CGの影響でしょうか)。

投稿: Ben | 2007年6月21日 (木) 21:30

最後にすべればつらいですねー
でも Benさん よく映画のはしごをしますねー
もっとも昔は3本立てや4本立てが普通で 映画館なんて半日遊べましたけどね

投稿: 夢人 | 2007年6月21日 (木) 09:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽やかな現実逃避:

« 神様 | トップページ | 度数やいかに »