« 第135回天皇賞 | トップページ | 天皇賞予想自信度皆無 »

2007年4月28日 (土)

ダービーへの道

ウオッカがダービーへ向かうそうだ、牝馬では文句なしのトップだがいざ牡馬クラシックとなると……とても険しい道となりそうだ。かつてビワハイジがダービーに出たりダンスパートナーが菊花賞に出た事があったがどちらも制するには至らなかった。しかしチャレンジスピリットは評価したい。

で、今日はダービートライアル青葉賞(GⅡ)。昨夜考えたがさっぱりわからず呑んで寝た。今、休養充分の頭で考えているが……やっぱりわからない(笑)。なので機械的に考える事にした。

①ナタラージャってゴールドアリュールの下でしょ、ダート馬なんじゃないの?って事で消し
②2歳時にマイルで勝てるマンハッタンカフェ産駒ってこの時期もういらないでしょ?って事でメイショウレガーロを消し
③マヤノトップガン産駒がこの時期間に合うの?って事でオーシャンエイプスを消し
上記の理由により……

◎ ⑱ダノンヴィッター
○ ⑪ヒラボクロイヤル
▲ ⑬エルソルダード
△ ①フィニステール
△ ⑧マルカハンニバル
こんな感じでどうでしょう?「ノリ」「勝浦」「土曜日の藤田」「柴山」で穴を期待。あとは基本スペシャルウイークで。

あ、明日(天皇賞)もあるのでスベっても差し支えない金額勝負にします(笑)。

|

« 第135回天皇賞 | トップページ | 天皇賞予想自信度皆無 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

確かに「ディープ級」とまではいきませんが、群雄割拠の方が世代としての強さかもしれません。ウオッカに根こそぎやられた時は、さすがに「頼りない」と見て良いかもしれませんが(笑)。

投稿: Ben | 2007年4月29日 (日) 01:35

ウオッカのダービー挑戦 すばらしいですね
応援馬券買うつもりです
たしかに この世代 男の子頼りないですね

投稿: 夢人 | 2007年4月28日 (土) 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダービーへの道:

« 第135回天皇賞 | トップページ | 天皇賞予想自信度皆無 »