« いよいよ、ですが | トップページ | 勢いだけでも »

2007年3月21日 (水)

眼球酷使の極

今日は祭日で仕事は休み。

加えて職場近くのシネコンが今日はメンズデー。

で、こうなる。
Sinecon0305mg031  
 
 
 
 
何も3本観なくてもいいんですが、ちょっと意地になりました(笑)
プレビューについてはメタバレにならない程度で紹介します(あくまで私見)。

■ナイトミュージアム
ストレス社会を生きている方には是非お勧めの作品です、とにかく笑えます。もちろん「笑いのツボ」による所ではありますが、私個人としては「狙い通り」に笑えました。アメリカンコメディの名優ロビンウィリアムスが出ているあたりも力強い一作です。
オススメポイント:消火器の使い方(笑)

■ドリームガールズ
今更ですが、これは実に良かった!’60~’70年代のR&B好きには「たまらない」作品ですのよ、奥様。予想通り「シュープリームス」と「モータウンレコード」の成り立ち的なお話と、人と人との繋がりを考えさせられる作品なんですが、ビヨンセがどんどんダイアナ・ロスに見えてくるあたり圧巻です、いやはやメイクの力ってすごいなあ。
あ、本当の見所(聴き所というべきか)はそーゆーとこでは無くて、菊地凛子を破ってオスカー(助演女優賞)を獲得したジェニファー・ハドソンの歌唱力!明日サントラ盤を買いに行きます(笑)というくらい凄いです。いやはや、アメリカは凄いとこだ。
オススメポイント:歌

■どろろ
案の定がっかりしました。柴咲コウのセリフ回しに少々「イラッ」ときました。多分本人の演技力うんぬんでは無くキャスティング・ミスだと思います。ただ手塚先生の原作を読んでみたくなりました。これは多分「2」がある気がします。「もののけ」の皆様も「ショッカーの怪人」みたいだったし。
オススメポイント:主題歌「フェイク」が覚えられる(笑)

最後がガッカリだったので残念でしたが、1,000円というコストパフォーマンスを考えれば3本観ての結果としては上々でしょう。ただ、さすがに疲れました。1杯やって寝るとしませう。

あ、本日は競馬ネタ抜き。

|

« いよいよ、ですが | トップページ | 勢いだけでも »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眼球酷使の極:

« いよいよ、ですが | トップページ | 勢いだけでも »