« ドバイワールドカップ登録祭 | トップページ | 米騒動 »

2007年1月14日 (日)

「当たらずとも遠からず」が最も危険

■第47回京成杯(GⅢ)着順

1着 サンツェッペリン
2着 メイショウレガーロ
3着 アルナスライン

サンツェッペリン&松岡騎手の見事な逃走劇でした、ああなっちゃうと差し/追い込みにはつらいところですね。メイショウレガーロも悪くはなかったんですが…やっぱり後藤の1番人気は勝てないねぇ。
3着アルナスラインは前走ダート勝ち+前々走同距離惨敗で人気を落としてましたが大健闘、柴山は穴馬持ってくるのが上手いなあ。
ピサノデイラニは最下位…「ダート馬」として認定します(笑)

予想としては○-▲なので悪くはないんですが、◎が9着じゃあね…

■第54回日経新春杯(GⅡ)着順
1着 トウカイワイルド
2着 トウカイエリート
3着 ダークメッセージ

トウカイがワンツーフィニッシュ。人気どころが軒並みぶっとんだわりに配当がそこそこだったあたりハンデ戦にしては珍しい結果でした。アドマイヤフジは2走ボケなのか伸びず、オースミグラスワンは更に後ろ。メイショウオウテは最後よく追い込んだのですが、わずかに足りず4着。
サイレントディールは向正面で息が上手く入ったかと思いきや3コーナー過ぎで詰められてアウト、結局はステイヤーに向くレース展開となったようです。でも、これまで京都芝(0.0.1.2)がいきなりここで来なくてもいいだろうに。

いやあ、馬券買っちゃって大失敗(笑)

|

« ドバイワールドカップ登録祭 | トップページ | 米騒動 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「当たらずとも遠からず」が最も危険:

« ドバイワールドカップ登録祭 | トップページ | 米騒動 »