« ちゃんとしましょう | トップページ | 第2部:至らない人間 »

2006年11月11日 (土)

第1部:エリザベス女王杯

まずはどうでもいい話、『女王』って言葉、ほぼ殆どの日本人は「じょうおう」って発音すると思うんだけど、PCで変換する時には「じょうおう」って打ち込んでも「じょおう」って打ち込んでも【女王】になるのはなんで?お答え知ってる人教えて。

で、エリ女。『川上王女』は女王になれるのかが賞典焦点ですが、自分が知っている限りではエリザベス女王杯まで無敗で進んだのはたった1頭

ファインモーション

現在の日本の競馬界におけるNo.1ジョッキー武豊をして「これだけの馬に出会えた事が幸せ」と言わしめた名牝である。2002年のエリザベス女王杯終了時点で6連勝。

数々の名牝を育てた伊藤雄二調教師をして「今まで育てた全ての牝馬の長所を全て備えた」とも言わしめた。その中にはマックスビューティやエアグルーヴもいるので当時はいわゆる「怪物級」との認識が世間で広まったものだった(同年の有馬記念でみな正気に戻りましたが)。

その実績を素直に信じてみましょうか

3連単のフォーメーションで1着2着には⑧スイープトウショウ⑯カワカミプリンセスを塗り、3着欄には①③⑥⑪⑬⑮で12点、3連単なら当たれば「赤」にはなるまい。

でも馬連は⑬サンレイジャスパーからちょっと買ってみたりして(笑)

|

« ちゃんとしましょう | トップページ | 第2部:至らない人間 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第1部:エリザベス女王杯:

« ちゃんとしましょう | トップページ | 第2部:至らない人間 »