フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 何かとお騒がせ | トップページ | 中途半端~菊花賞回顧 »

2006年10月20日 (金)

そんな(?)事より菊花賞

ディープの薬物問題はスポーツ新聞の1面や報道番組でも取り上げられる「社会現象」となっているようだが、正直それどこじゃない。ディープは次のレースで汚名返上すればいいのだ。

そんな事より今の問題は、コンビニで買い物して金払ってお釣りもらって買ったもの置き去りで帰った私の体たらく・・・ではなく菊花賞。半ばア○ツハ○マー化したこの脳でどう考えても当たる気がしないのだが、足掻いてみよう。

・まずは2冠馬メイショウサムソン、前走は苦しみながらも勝ったと思った瞬間にドリームパスポートの切れ味に屈したのだが、それでも菊の最右翼である事は間違いなし。
・続いてダービー2着馬アドマイヤメイン、前走では逃げられなかった時点でこの馬本来ではなかったと考えてよいだろう。一叩きした今回は本番だし武豊だって思いっきり逃げに出るだろう、この人が逃げると誰も競りかけないあたりは、やはり要注意。
・さて神戸新聞杯で2冠馬を差しきったドリームパスポートは・・・父フジキセキが決心を鈍らせる。更にはヤネが高田で無いのがマイナス材料、「隠れ名人高田潤」が乗らないのならば良くて3着だね。

さて、穴馬候補としては・・・
・京都新聞杯を勝っているトーホウアラン、アドマイヤの後ろで死んだフリのまま4角でぶっぱなせば見せ場はあると見た。
・デルタブルースと同じ臨戦過程できたネヴァブション、「東西石橋ワンツー」てな事にならんか。
・「夏の上がり馬」ならアクシオン、母の父DixielandBandはやはりデルタブルースと同じ血統背景で芝OKなら怖い
・芝砂兼用のソングオブウインド、4着以下無しの安定感がGⅠで発揮できるなら不気味。

※『自信の消し』はフサイチジャンク、『所詮タイガーカフェの弟』説は現実と見た。

« 何かとお騒がせ | トップページ | 中途半端~菊花賞回顧 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そんな(?)事より菊花賞:

« 何かとお騒がせ | トップページ | 中途半端~菊花賞回顧 »