« たまに起きて予想 | トップページ | 私の馬だあああ »

2006年10月28日 (土)

弁護士 灰島秀樹

短期放牧中の身としてはテレビくらいしか楽しみが無い、今日の目玉は「弁護士 灰島秀樹」。ご存知「踊る大走査線」シリーズのスピンオフ・・・えーっと・・・第4弾。

多分相当の賛否両論、テイストはどちらかといえば「室井さん」系だね。事前情報ではコメディタッチと聞いていたがフタを開ければ「盛り上がらず淡々と経過する感じ」のドラマ。
しかしそれでいて途中で飽きさせないのは君塚良一の脚本ならではといったところでしょうか、キャストも凝っていて(というか私的に好みの俳優がキャスティングされていたので)大変楽しめました。「踊る大走査線」「交渉人真下正義」「逃亡者木島丈一郎」のラインが好きな方には少々消化不良でしょうが、「容疑者室井慎二」でも楽しめた方には充分楽しめたと思います。

【私的見所ポイント】
河野脇子(松永玲子) との食事のシーン、「赤い服持ってるんだ」を天丼で持ってきたあたりは完全に「フジテレビテイスト」、ドラマにお笑いの手法をもって来るのね。

【私的お気に入りキャスト】
①安田宗孝(海洋博覧会協会会長の国会議員・伊東四朗)
⇒言わすと知れた「ニン」であり「ベンジャミン伊東(電線音頭)」、昭和を生きた人間としては小松政夫とのコンビも懐かしい。
②篠田真一(灰島法律事務所 弁護士・吹越満)
何でもできる人だなぁ、ワハハ本舗出身という意味では劇団所属の八嶋智人と同じ系統だが、舞台出身の人は本当に芝居が上手いと思う次第。

他にも『芸人 長井秀和』とか『教師ビンビン 野村宏伸』とか面白いキャスティングでした。

さて、まだやるのか、フジテレビ。個人的には『爆処理班の隊長』とか『SATの隊長』で続けて欲しいぞ。

|

« たまに起きて予想 | トップページ | 私の馬だあああ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士 灰島秀樹:

» なんきん巨匠と再会! [なんでも自分で作るゼ!]
私のような若輩でも「なんきん」大先生という恐れ多い知り合いがおります。そのなんきん画伯が在籍しておられる劇団「ワハハ本舗」が11/3〜5まで「ダンス王」という演目… [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 16:29

« たまに起きて予想 | トップページ | 私の馬だあああ »