« 三冠王とはいえ | トップページ | ゲド戦記 »

2006年7月31日 (月)

函館最終

その昔「玄関開けたら2分でご飯」てなCMがあったが、私の朝は「朝起きたらいきなり腰痛」。どーゆーことだ、と考えるが一昨日のテニスの影響としか思えない。運動不足は現代人の深刻な問題だね。

さて早いもので函館競馬もラストウィーク、最終日は函館2歳S(GⅢ)。決して「出世レース」とは言い難いがここは若駒らしいレースをみせて戴きたい。
んでもって注目はやはりホッカイドウ競馬のインパーフェクト。いいねぇ、ナリタトップロード産駒ですよ、そして「馬主」欄には「岡田繁幸」の名。岡田さんは中央競馬ファンの方々には「マイネル」とか「コスモバルク」のキーワードでおなじみですが、馬産地の競馬の灯を絶やしてはいかんとホッカイドウ競馬を盛り上げるために頑張ってる人の一人です。競馬中継でも無料でパドック解説したりしてるんです。
岡田さんの話は置いといてインパーフェクト、前走は逃げるエイシンイッテンを首差かわした勝負根性がなかなかでした。今回も応援します。

・・・札幌開催前だけど、少し買っちゃおうかな。

|

« 三冠王とはいえ | トップページ | ゲド戦記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館最終:

« 三冠王とはいえ | トップページ | ゲド戦記 »