« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月

2006年2月27日 (月)

暦の上では

 弥生賞・・・と来れば春よね、春なのよね。でも北海道は真っ白、昨日は2月には珍しい雨が降りましたが今日は一転冬景色に逆戻り。溶けた雪がまた凍って氷になりました。
 さてその弥生賞、例年であればクラシック候補となるラジたん杯の1・2着馬が登場。普通に考えれば一度叩いたアドマイヤムーンに分があると見るが、サクラメガワンダーが一冬越してどのくらい成長しているか、また伏兵陣は上記2頭にどこまで迫れるのか・・・また楽しみな一週間の始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月26日 (日)

競馬で負けないために~中山記念/阪急杯回顧

予想した時点で行く気満々だったが止め、がっつり昼寝。馬券で負けないための現時点で鉄板の方法『買わない』を選択、PATを契約してなくて本当に良かった。

 レースはご存知の通り中山では『GⅡまでなら一流馬』バランスオブゲームが逃げ切り、阪神では引退する松永幹夫が有終の美を飾った。余りにも分かりやすい結果だったのでケントク買いする方はタイ米大枚せしめた事でしょう。でも松永幹夫は凄いね、自らの引退に自分で花を添えるって普通なかなか上手くいかないんだけど、見事な手綱捌きでした。ちなみにバランスオブゲームの鞍上田中勝春は昨日が誕生日とか、これまたお見事です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

だるだる~中山記念/阪急杯展望

 昨日、一昨日と連日呑み。節酒宣言を放った下の根も乾かぬうちに・・・我ながら仰天の意思の弱さである。今後は居酒屋からも遠ざからねばなるまい(遠ざけてくれない環境にいる事自体が問題)。
 さて、二日連続で飲むとやたらと体が倦怠感を訴えてくる。今日も馬券とは無縁の生活を送ろう、酒のおかげで馬券と遠ざかる事ができるのは何とも皮肉な顛末。

 とはいえ予想だけは欠かしてはならない、新聞も買ったし準備は万端。まずは中山記念(GⅡ)、中山阪神ともにやや馬場悪化の予感とくれば何とか穴狙いで望みたい。
 展開から考えるに逃げ馬不在、恐らく押し出されるようにダイワメジャーがハナ、あとの有力馬が差し・追い込み脚質である事を考えれば4角まではマイペースの一人旅、直線の決めて勝負とはいえ上滑りのする馬場ではカンパニーやハットトリックの決め脚は殺されると見た。①ダイワメジャー③ヴィータローザ⑩ダンスインザモア⑫エアメサイアをBOXで、久々に武豊の『まくり』が拝めるかもしれないな。

 阪急杯(GⅢ)はローエングリン、ビッグプラネットがハナ主張とくればスローは無し。狙いたかったタマモホットプレイは一滴でも降れば終わりとなれば人気でもコスモサンビームから行くしかないか・・・というわけでヒモを薄めにして④ニシノデュー⑩オレハマッテルゼ⑫ロードマジェスティ⑭コスモサンビームをBOXで。予想が終わると『当たるような気がして』ついつい買いに行きたくなる、ここも意志の弱さの表れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月22日 (水)

無くて七癖

 仕事柄パソコンは必需品だ、無いと全く仕事にならない。特にブラインドタッチを習ったわけではないので全くの我流で操作しているが、つい最近指摘されるまで気がついていないことがあった。『○○さん(私の名前)、変わったマウスの持ち方ですね・・・』はて、何のことやら分からなかったが、その数日後『○○さん(私の名前)、小指立ってますよ・・・』

えーーーーーーーー(村上ショージ風に)

 どうやらマウス操作のときに無意識に小指が立ってしまうらしい。そういえば飲み屋でグラスを持つ手の小指が立ってて気持ち悪いと言われた事がある。

確かに気持ち悪い・・・

 こんな私のBlogを会社の人間に読まれたりしている、普段競馬の事しか書いてない(他に書いてるのは酒の事くらい)のに何が面白いんだろう?
 等と記事を打ち込んでいる右手の小指がやっぱり立っている・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月21日 (火)

プチストイック

 まずは「やや禁酒」。さすがに会社の人と飲んで記憶喪失はマズい、マズ過ぎる。いい加減飲んで良いとこと良くないとこの判断はつけなければいけない。さすがに20年も社会人やってるんですから(一時期『反社会人』だった時期もありましたが)TPO(Time,Place,O・・・)を考えて飲むことにします。
 続いて「やや禁馬券」。今年も早いものでもう2月も末です、あと二月もしたらGⅠの目白押しです(高松宮記念→桜花賞→皐月賞→天皇賞(春)→NHKマイルC→ヴィクトリアマイル→オークス→ダービー→安田記念→宝塚記念)、東京芝1,600mでGⅠ3つですよ!どう考えても今から貯金しないともちません!

・・・勝つ気ゼロかって話ですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

フェブラリーS回顧録

せっかく当たったので(馬連だけど)フェブラリーSを振り返ります。

1  カネヒキリ          1:34.9
2  シーキングザダイヤ  3馬身
3  ユートピア          アタマ
4  ブルーコンコルド    1 1/4馬身
5  ヴァーミリアン      1 1/4馬身
6  サカラート          1 1/4馬身
7  アジュディミツオー  クビ
8  タガノゲルニカ      2 1/2馬身
9  タイムパラドックス  クビ
10 タイキエニグマ      クビ
11 リミットレスビッド  ハナ
12 サンライズバッカス  1/2馬身
13 スターキングマン    ハナ
14 ニホンピロサート    8馬身
15 メイショウボーラー  5馬身
16 トウショウギア      5馬身 

アジュディミツオーが出遅れたにも関わらず前半1,000mが57秒4。早い、なんぼなんでも早すぎる。芝のGⅠでもなかなかお眼にかかれないタイムである。「なのに」カネヒキリだけが上がり3ハロンで35秒7、次に早いのが出遅れたアジュディミツオーの36秒5だからゲートをまともに出た馬はカネヒキリよりも1秒置いてかれた計算になる。これでは勝負になりません。『休み明け』『東京マイルは不向き』等並べた不安説を一瞬で払拭された。結局強い馬は強いというわけか・・・

これで陣営は自信を持ってドバイ入りとなるだろうが、ドバイでは日本は勝てないねぇ。最高がトゥザヴィクトリーの2着、後はどう乗っても6着ですからね。かえってハーツクライの方が期待できるかも?問題は誰が乗るかですが、ユタカが乗るくらいならルメールでいいんじゃないだろか。多分フラムドパシオンはユタカなんだろうな、昨日は恐らく試走だろうし。

ドバイ行きてーなー

金子真人HDで雇ってくれないかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月19日 (日)

馬の日~日曜日~

 初めて焼酎で二日酔い、頭痛で眼が覚めた。一歩進むたびに両こめかみに鈍痛が走り、咳でもしようものなら高嶺竜二のブーメランフックと剣崎順のギャラクティカマグナムが両方のテンプルに炸裂するような(例えが古すぎて良くわからない方ごめんなさい)ヒドい状態で、それでもGⅠである以上必死の思いで札幌競馬場へ。
 意識朦朧で新聞に眼を通しても全く情報整理ができないので一度競馬場を出てラーメン屋へ向かう、二日酔いには取りあえずラーメンである。みそラーメンをなんとか完食して競馬場に向かった頃には9RヒヤシンスSが発走、PO馬フラムドパシオンが出走しているので応援。直線、内で4頭分のカベができていたが外に持ち出すとあれよあれよで3馬身半差の大楽勝。ドバイへ行って欲しい1頭である、そして来年の今日カネヒキリと対決して欲しいもんだ。
 さてメインのフェブラリーSは①リミットレスビッド⑨シーキングザダイヤ⑭カネヒキリ⑮タガノゲルニカを馬連BOXで購入、更にカネヒキリ2着付けの馬単を購入。結果はご存知の通りカネヒキリ圧勝で、取りガミ。
 とはいえ平成15年の安田記念以来1年9ヶ月ぶりののGⅠ的中なのだ、今日のところは素直に喜ぶとしよう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

酒の日~土曜日~

会社の人の家で飲んだ。ついつい楽しくて飲み過ぎた。記憶もほとんど無し。帰宅時には『捕まった宇宙人』状態で両脇抱えられて帰った。なんと情けない事か・・・
送ってくださった方、その場に居合わせた方、誠に申し訳ございません。しばらく酒は控えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

ツッコミ

夕べラーメン屋で毎日新聞の夕刊の競馬欄を読んでいた。
東京11RクイーンC(GⅢ)、1枠1番マチカネタマカズラ、父:キングマンゴ・・・

どんだけ果物やねん!

・・・おわかりとは思いますが「父:キングマンボ」が正解です。所詮一般紙ではこの程度の扱いだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どーしよーかなー

土曜日、今夜は酒、明日はGⅠ・・・
今日は行くべきか、行かざるべきか・・・
とりあえず予想、東京11RクイーンC(GⅢ)
◎アイスドール
○ハネダテンシ
▲ルビーレジェンド
△ゲッタウェイ
◎アイスドールの軸は簡単に決めた、昨年末の阪神JFでは大外で位置取りも後ろ過ぎ。藤岡騎手も今回はもう少し前で競馬するだろう。アイスドール=感情を表に出さない美人、プロテニスプレイヤーのクリス・エバートがそう呼ばれていたもんだ。
○ハネダテンシはあくまで府中実績を買って、赤松賞と同じ競馬ができれば。
▲アグネスタキオン産駒は決してマイルは悪くないだろう、でもまだ半信半疑。
△これはあくまで思いつき、江田照夫に期待しただけ。

続いて京都11R京都記念(GⅡ)
◎トウショウナイト
○シルクフェイマス
▲シックスセンス
△マーブルチーフ
シックスセンスが1番人気になるだろうが勝つとは思えない。展開的に恐らくスローで4角ヨーイドンの決め手勝負だろう、競る展開になれば勝負弱いシックスセンスには分が悪いだろう。△マーブルチーフ1頭軸の3連単マルチなんか面白いと思うんだけどなぁ・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月16日 (木)

楽しみです

岩田康誠騎手、中央競馬騎手試験合格!おめでとうございます!
 地方競馬(この地方競馬って表現もどうかとは思いますが)の名手が中央入りするケースは最近多いですがまたもや関西の騎手は層が厚くなりそうです。
 実際地方→中央という騎手の移籍については賛否両論あるでしょう、「地方競馬の衰退に繋がる」という意見もごもっともです。しかしそうやって日本の騎手のレベル向上に繋がるのであれば私は賛成です。それにNRAとJRAでは賞金格差が激しいので、より稼げる中央へ・・・というのは資本主義社会では当然といえば当然です。大井の内田騎手やホッカイドウ競馬の五十嵐騎手なんかも考えてるんでしょうかね?
 ただ吉田稔の不合格はどういうことなんだろ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出走馬確定

フェブラリーSの出走馬が確定!

アジュディミツオー 牡 5  57.0  内田博幸
ヴァーミリアン 牡 4  57.0  C.ルメール
カネヒキリ 牡 4  57.0  武豊
サカラート 牡 6  57.0  小牧太
サンライズバッカス 牡 4  57.0  柴田善臣
シーキングザダイヤ 牡 5  57.0  O.ペリエ
スターキングマン 牡 7  57.0  柴山雄一
タイキエニグマ 牡 5  57.0  田中勝春
タイムパラドックス 牡 8  57.0  安藤光彰
タガノゲルニカ 牡 4  57.0  池添謙一
トウショウギア 牡 6  57.0  藤田伸二
ニホンピロサート 牡 8  57.0  中舘英二
ブルーコンコルド 牡 6  57.0  幸英明
メイショウボーラー 牡 5  57.0  福永祐一
ユートピア 牡 6  57.0  安藤勝己
リミットレスビッド 牡 7  57.0  D.バルジュー

 なかなかの好メンバーではないでしょうか、砂の王者カネヒキリに土を付ける(この場合砂・・・か?)ことはできるのか、注目です。ちなみに私はカネヒキリは良くて2着、もしかすると2着も無いのでは?なんてスケベ根性丸出しなのでカネヒキリに勝てそうな馬を軸にするつもりです。
 例えば表街道のカネヒキリに対して裏街道からのし上がってきたタガノゲルニカ あたり狙い目と見てます。あと距離が持てばリミットレスビッドあたりも結構いい感じと見てます。
 でも今回は比較的スプリント路線から参戦しているようなので距離適性の判断がネックでしょうねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月15日 (水)

ポリシー

 会社の人から呑みのお誘い、大変ありがたい事である。だがしかーし、給料日二日前に言われてもなー・・・いやはや本当に困った、更に困った事に翌日はフェブラリーS(GⅠ)なのである。ブログのタイトルにも「酒と馬の日々」と付けている手前どちらも甲乙付けがたい。しかも個人的に『基本的に酒のオファーは断らない』というポリシーを掲げている以上なんとも両立させたいのである。
大した贅沢でもないんだけどなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとオススメ

 一時期しばらく音楽から離れていた時期があった、というと余りに格好良過ぎる話だが元々常に身の回りに音楽を置いておきたいタイプなので20代の頃はライブにも足繁く通っていたしレンタルCDショップにも通っていた。
 にも関わらず一時期聴く気がおきなかったのは流行りについていけなかった(何を聴いても同じに聞こえていた)のもあったとは思う。が、ここ数年はジャンルの多様化も進んできたせいか自分でもついてゆける音楽に出会ったりする。

スキマスイッチ:「 空創 クリップ」
■収録曲
・ 君に告げる
・ 全力少年
・ 水色のスカート
・ 冬の口笛(feat. Takuya ver.)
・ フィクション
・ さみしくとも明日を待つ(Album ver.)
・ キレイだ
・ かけら ほのか
・ 目が覚めて
・ 飲みに来ないか
・ 雨待ち風(Album ver.)
 昨年はこの1枚しかアルバムは聞かなかったが、なかなか良かった。ただシングル曲『全力少年』が余りにも良すぎたためにそれ以上のものが望めなかったのが残念。更には全力少年は難しすぎてカラオケで歌えないのが残念。

コブクロ:「NAMELESS WORLD」
■収録曲
1. Flag
2. 桜
3. 六等星-NAMELESS STAR TRACK-
4. ここにしか咲かない花
5. 待夢磨心-タイムマシン-
6. Pierrot
7. Saturday
8. 大樹の影
9. NOTE
10. Starting Line
11. LOVER'S SURF
12. 同じ窓から見てた空
 やはりフォークはいいなぁと実感した1枚。『さくら』『ここにしか咲かない花』とシングル2曲が良いのは当然だが、オススメは9曲目『NOTE』。決して奇をてらったところも無く正統なフォークソングという感じ、ちょっとアレンジが古臭い感じもまた良し。ただ、コブクロをカラオケで歌うには相方が必要なので少々不自由。

※あくまで感想は私個人の価値観によるものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

確定申告

会社から、「あなたは中途採用だから今年は年末調整できないので自分で確定申告に行ってチョーダイ」と言われたので行ってみた。行くにあたり何をして良いかわからなかったが仲間由紀恵ちゃんがCMで、インターネットでなんたらかんたら言ってたので取りあえず見てみたがよくわからん、どうせわからないんなら聞けばいいやと思い直接行ってみた。行ってみたはいいが大行列で、ものすごくおいしいラーメンでも食えるのかと思いきや行列のほとんどが死にかけお年寄りであった。「PCの打ち込みができる方はこちらへ」と言うアナウンスで並んだPCの前に座らされ係りの人に聞きながらなんとか自分で作成、プリントアウトして提出。所要時間45分、意外と楽なもんだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年初GⅠなのに・・・

 きさらぎ賞の馬券がまだ財布に入っていたので捨てようと想いふと見ると、
・・・当たってる
どうやら買い間違えたらしい、軸は①ドリームパスポートで合っていたのだが⑦メイショウサムソンを買った記憶がまるで無い。かといって両隣はまるで買う気のしない馬だ(失礼)。
いずれにしても当たったので良しとしよう、今期初重賞馬券的中です・・・これでいいのか?

 それは良いとして(ええんかい!)今年ももうGⅠの時期となった、フェブラリーS(GⅠ)。砂のディープ、カネヒキリが今年初出走だが果たして来るのだろうか?1番人気の武豊に逆らって痛い目にあう事は数知れずの私だが(そういう方が世の中にはたくさんいるのだろう)今回もどうも手が出ない。ダートで唯一の敗戦が今回と同じ東京1,600m、その時(昨年の武蔵野S)はサンライズバッカスを交わせなかったが・・・1週間かけてのんびり考えるとしよう、資金繰りも含めて。

かつて『貧乏人は麦を食え』と言った首相がいた。池田勇人ような気がする(正直忘れた)が、やはり貧乏人には麦なんだろうか、本日の夕食はパスタ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月12日 (日)

Yuming

情熱大陸は普段見ないのだがたまたま見た。今日の主役はユーミンこと松任谷由実だった。いやはやユーミンはユーミンだねえ、とても51歳とは思えません。高校時代は「あんなものは女の聴くもんだ」などと昔は思ってましたが大きな間違いで、その後5年連続で観に行ったのも今や良い思い出です。いかにも「金持ってんどー」的なステージだったと記憶してますが、レコード(今やCDですが)で儲けた金は全てライブにつぎ込むとか・・・
そんなやつぁおらんやろ
またもや「こだまひびき」オチ。

余談ですがYumingといえば個人的にはなんてったてアイドル「Destiny」が1番のお気に入りです、他にも「ひこうき雲」「埠頭を渡る風」「DangDang」等名曲目白押しなんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回顧録

ダイヤモンドSはかすりもせず、きさらぎ賞は軸が当たるもヒモがずれる。いつもの事だが、こんなもんでしょう。残った身銭はとりあえずエンゲル係数を上げる事のみ考えて1週間を過ごすとしませう(1日280円のみ別用途)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年2月11日 (土)

リベンジ!~ダイヤモンドS/きさらぎ賞展望

正直今日は競馬はTV観戦と決めていた、銭が無いからだ。だが悪魔の囁きはこういう日に限ってやってくる。朝起きたら馬友(私はお大臣と呼んでいる、たまーに6桁配当を当てる強者)からメールが入っているではないか。
『起きれたので行って来ます』
※以降脳内会話
「どこに行って来るのかはわかりきっている、例え付き合いでも行ってはいけない!」
「今日は東京9Rでエイシンテンリューが走るじゃないか、観に行かないでどうする!」
・・・もうおわかりですね、悪魔の正体は『自分』。ついつい誘われてフラメンコフラフラと札幌競馬場へ。9Rの締め切りには間に合わなかったものの10,11Rとついつい買ってしまう。結果は言わずもがなでノックアウト。おまけにテンリュー君は悪いSS産駒の典型で超出遅れ、全くいいとこなし。仕方が無いので夕食は「みよしの」で・・・ひもじい。

負けた以上このままでは終われない、次週のGⅠ資金をつぎ込んででも明日は勝負!
東京11RダイヤモンドS(GⅢ)、ここはハイアーゲームに最後のお付き合い。SS×LawSocietyといえば代表格はマンハッタンカフェ、成長型は違えどもステイヤーとしての資質は充分。ましてや全3勝を叩き出している得意の府中、更に鞍上に追える内田で「これで来なけりゃもう買わない」と宣言するには充分!ヒモには②シャドウビンテージフサイチアウステルルーベンスメモリーオペラシチーハイフレンドトライと幅広く勝負。
京都11Rきさらぎ賞(GⅢ)、アドマイヤメインがなぁ・・・デビューから武豊がずっと手綱をとってくれてるのに今ひとつしょっぱい結果しか出ない。なので◎は①ドリームパスポート、ここ2走はフサイチリシャールマルカシェンクの2着と相手が悪すぎ。この相手ならビシっと決めてくれるでしょう、非出世レース勝ち馬(メイショウサムソン)や休み明けの短距離馬(ファイングレイン)が飛んでくれれば好配当も?②③④⑤⑪へ。
折りしも世間はトリノの話題で持ちきり。嗚呼、おいしいイタリアワインが飲みたい・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

脱力感

一週間働いて何とか週末。今日はというかここんとこ週末になると『疲れた顔してる』と言われる、それなりにストレスの溜まる仕事だからだろうかそれとも・・・

年のせいだろか(若い職場だからなあ)・・・

ま、それは良いとして(ええんかい!)注目は東京9Rセントポーリア賞。エイシンサンサンの仔エイシンテンリュー、ここをあっさり勝つ様なら一躍出世街道となりそうだが少々家賃の高そうな面子。何とかして欲しいところです。

京都11RすばるSもレースとして面白そう、シルヴァーゼットが人気になりそうだが逃げ馬の1番人気はまず買う気がしません、ここは◎テイエムアクション、本来この面子なら大威張りのはず。以下○エイシンハンプトンマイティスプリングケイアイメルヘンあたりへ。

どうでもいいんだが先日たまたま休みの日に会社へ行ったら『私服だと中学の国語の先生っぽい』と言われた。国語限定かよ!みたいな?みたいな。少し私服にも気をつけないといかんな、これは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 9日 (木)

訃報

作曲家、伊福部昭氏の訃報をWeb上で知った(仕事中に)。私がこよなく愛する日本映画界の最高峰『ゴジラ』の主題曲の作曲者である。ご冥福を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここに極まれり

今日の晩御飯:S&Bホンコンやきそば1コ、ミニあんぱん3コ

あああひもじい

たまたま財布に金が無かっただけだが銀行残高も残り僅か、うるさい上の階の犬でもとっ捕まえて食ってやろうか。

・・・さすがに冗談です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルチナ

古い話題でなんですが

しばらくテニスは全く観てなかったんでヒンギスが引退した事さえ忘れてたけど復帰して2試合でシャラポアに勝っちゃうんだから大したもんだなぁと思う。ちなみにマルチナと言えば私たちの世代はなんてったってアイドルナブラチロワなんだが、ヒンギスのおっかさん(もヒンギスだが)はナブラチロワみたいな立派なテニスプレイヤーになって欲しくて娘に『マルチナ』って付けたって話は・・・

どうでもいいか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 7日 (火)

寝れば直る!

昨日は仕事最悪、何かリズムが悪かった、よくよく考えたら結構な寝不足だった。なので昨夜は22:00に寝てみた。
・・・4:30に一度眼が覚めた(老人かよ)ので二度寝した。
・・・目覚ましが鳴った後危うく三度寝するとこだった。でも違うな、寝ると脳の働き加減が違う!
・・・大見得切った割りに大していい仕事したわけじゃないんだが。

さてダイヤモンドS(GⅢ)にハイアーゲームが登録、3歳時の青葉賞以来勝ってないような気がするので検索してみたら案の定勝ってないどころか連にすら絡んでなかった。さてこの馬・・・買うや、買わざるや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月 6日 (月)

飲んでないのに思い出せない

 週休二日制で働いている。土・日と休むわけだが、どうも二日間休むと完全に脳がリセットされてしまうらしい。気持ちがリセットされるのは好ましい話なんだが、仕事の知識までほぼリセットされるのでたちが悪い。月曜日の朝一番などは何をするんだかもワカラナイ(アルツハイマーかって話ですよ)状態で、ひどく効率が悪い。この仕事向いてないのかしら・・・
 とにかく毎週恒例悪夢の月曜日を終えると楽しみは帰宅時に買うGallop。週末の結果を見ながら反省と公開を繰り返す、「買えばよかった」はまだ良いが「買わなきゃ良かった」の時はホント最悪なので今週はまだマシか。
 共同通信杯、フサイチリシャールは上がり34.7秒で上がっての2着。勝った馬が上がり33.9秒なので仕方ないが、勝つ気だったらかえってもう少し早いペースの方がこの馬の特性(2枚腰)は生かせるかもしれないな、後+12kgは明らかにおデブ。
 京都のシルクロードS、キーンランドスワンはもう終わりかな・・・一緒に走ってた仲間は既にほとんどが現役引退してるからね、いよいよスプリント戦線は世代交代時期かも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 5日 (日)

結果論:共同通信杯/シルクロードS回顧

共同通信杯、我が愛馬(あくまでPO)フサイチリシャールは惜しくも2着、てゆーか凄い2着(四十路のおっさんが「てゆーか」もないもんだが)。直線半ばで終わったかに見えたがそこから2枚腰を使った、まさに『真骨頂』である。前半の折り合いのつき具合も合わせ少し皐月賞が近づいたように見えた。後は残り1ハロンをどうこなすか、であろう。
ただ勝ったアドマイヤムーンは本当に強かった、武豊が追い出しのタイミングを思い切り遅らせての差し切りだったのだから、どうやら本物である。これで本番はアドマイヤムーンに乗る気になっただろう、残念フジテレビ。
で、予想は外れ。マッチレスバローはゲート難(2戦連続)が直らないとマイルCでは辛いかも知れないな。

「ああ行かなくて良かった」なんてTVを観てたらシルクロードSは見事に的中。
第11回 シルクロードステークス(GⅢ) 
単勝:11  900円
枠連:6-6  3,750円
馬連:11-12  3,510円
馬単:11-12  6,710円
3連複:11-12-14  3,760円
3連単 :11-12-14  25,270円
3連単マルチで買ってれば18点で2万5千円が入手可能だった・・・

貧乏なんて大嫌いだー!

・・・海に行って医師石でも投げながら叫んでやろうか。
あ、キャプテンベガも勝ってた・・・忘れた頃にやって来たねぇ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

共同通信杯/シルクロードS展望

昨夜は無事記憶喪失することもなく帰宅。宴会の幹事なんてものはやるもんじゃないと反省、本当に疲れます。一番困るのは来るって言っといて来ないやつ、死ね。

さて共同通信杯2歳S(GⅢ)、過去の優勝馬を見るとナリタブライアン、メジロブライト、エルコンドルパサー、ジャングルポケット等それはそれは立派なメンツ。今年はフサイチリシャールvsアドマイヤムーンの結果如何で朝日杯組とラジたん杯の力関係が見えてくる大事なレースと見た。またリシャールvsジャンクの『フサイチ対決』も考えて武豊がどう乗るかも見ものです。
ただしここは◎フサイチリシャール○マッチレスバローの1点、ひいらぎ賞の末脚に惚れました。アドマイヤは追って届かずの3着、ショウナンタキオンはどう乗っても掲示板止まりでしょう(昨日飲んだので馬券は買えませんが)。

シルクロードS(GⅢ)は未知の魅力でマイネルアルビオンに期待、小倉でホーマンテキーラといい勝負をしていたあたりこのメンバーでも・・・以下○アイルラヴァゲイン▲タマモホットプレイ△キーンランドスワンへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

白富士S展望~なんか当たる気がする

何の気なしにTVを観てたら「風の谷のナウシカ」をやってた。いいねぇ宮崎駿、あたしゃこの手のアニメは大好きですよ。普段カリカリしているせいか心が穏やかになるっつーか、逆立っていたものが治っていくみたいな感じになります。

さて2/4(土)メインは白富士S(OP)。ここで買わなきゃいつ買うの!?ってくらい今回は◎スムースバリトンで妙な自信。内に行きたい馬が2頭いるからスタート直後に内の好位置がガラあきエアシェイディ、スズノマーチあたりが絶好の位置取り。でもペースはお世辞にもスローにはならないから粘るメジロマントルに迫るスズノマーチ、更に襲いかかるアサクサキニナルをまとめて一気にスムースバリトン!

哀しいかな明日は宴会で散財必至なので馬券まで金が回りそうに無い、当たるのになぁ。

| | コメント (2)

2006年2月 1日 (水)

ツルツル

そう、はげ頭道路がである。ここのところ昼間は比較的暖かい(といっても北海道なので限度があるが)ので降り積もった雪が溶けるのはよいのだが、夜は当たり前に氷点下なので朝になるともはやスケートリンク。滑り止めの砂など撒いてあるところはよいのだが路地に入るともうアウト。
・・・アウトといえばかつて東京競馬場で首吊って自殺した人が残した最後の言葉が『お馬で人生アウト』だったという抱腹絶倒な話・・・はどうでもいいとして、道が滑るもんだから今朝転倒して膝を痛打、まだ痛いっていう話。そもそも今朝珍しく早起きしたので会社の近くでゆったり朝食でも、と思ったのが運のツキ。つまり、

早起きは三文の損

・・・お後がよろしくないようで。

| | コメント (0)

馬鹿が多い

余りにTBスパムが多いのでTBは受け付けない事にしました。今までTBしてくれた方感謝感謝でございます。そして訳のわかんないものを送りつけてくるキチガイども、死ね。

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »