« シンザン記念回顧:展開 | トップページ | JRA賞発表~ヘソまがりは誰? »

2006年1月10日 (火)

今週も自重?~京成杯/日経新春杯

昨日も書いたがシンザン記念のロジックとイースターで落胆。少々引きずりながらも今週は3歳が京成杯、古馬は日経新春杯。まずは京成杯にジャリスコライトが登録、藤沢先生が冬の中山で有力馬を使うとは思わなんだが使う以上は勝つ気満々と見た。2,400m世界最強馬のファンタスティックライト産駒である以上距離延長はこなすはずだが、府中のマイルで見せた切れ味を考えると「実はマイラー?」といった考え方もできなくはない。買うなら3連単マルチの軸あたりか・・・
日経新春杯には4頭の明け4歳馬が登録、古馬との対戦となる。注目はダービー以来のインティライミと菊花賞以来のフサイチアウステルだが、思い出されるのはやはり有馬記念。言うまでも無く3歳の頂点に君臨するディープインパクトの敗戦を顧みると「今年の3歳のレベル」について疑念は生ずる。個人的は前走の京阪杯で惨敗して人気が落ちる(というか落ちて欲しい)マーブルチーフに期待しているが・・・

で、そのデイープインパクトの全弟オンファイアが屈腱炎。アグネスフライト/タキオンの全弟アグネスサージャンは骨折で良血馬がクラシック戦線から次々脱落。マルカシェンクに続き3歳有力馬が消えてゆくのは悲しいねぇ・・・キャプテンベガよ、君はせめて無事であってくれろ。

世間はやっと正月気分から抜けたようだが未だ私は正月ボケが抜けません、というより以前から続いている「物忘れ」に磨きがかかったような気がする。この錆び付いた頭、どうにかならんもんか。修二と彰の振り付けが覚えられないわけだ(覚える気やったんかい!)

|

« シンザン記念回顧:展開 | トップページ | JRA賞発表~ヘソまがりは誰? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週も自重?~京成杯/日経新春杯:

« シンザン記念回顧:展開 | トップページ | JRA賞発表~ヘソまがりは誰? »