« 土曜競馬回顧 | トップページ | 京成杯/日経新春杯 回顧 »

2006年1月14日 (土)

京成杯/日経新春杯 展望

一日グダグダしていると『生きてる』感がグッと薄れる気がする、明日は少し動こう。と言っても競馬場に行くくらいだな、うかつに行動すると金がかかって困ります。

まずは中山11R、京成杯(GⅢ) 朝日杯で人気を裏切った⑤ジャリスコライトが仕切りなおしの一戦。距離延長、明日は晴れとはいえ渋化が残る馬場、どれを取ってもジャリスコに有利に働くと思えるのだが妙に不安感が募る。かといって⑦ニシノアンサーに信用も置けない。一捻りして④ネヴァブションの決め手に期待。

京都11Rは伝統のハンデ戦日経新春杯(GⅡ)『ディープインパクトに最も近かった』インティライミの復帰戦となるが、ここはブランクが長い事と目標は先と見て今回は外しましょう。買い目は多くなるが①④⑥⑧⑪をBOXで。

雪が降ったら出かけるのは億劫になるので晴れがいいなあ・・・

|

« 土曜競馬回顧 | トップページ | 京成杯/日経新春杯 回顧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京成杯/日経新春杯 展望:

« 土曜競馬回顧 | トップページ | 京成杯/日経新春杯 回顧 »