« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月30日 (月)

後悔先に立たず~先週の反省

馬券は当たらず、飲めば二日酔い+記憶喪失。全く良いとこなしの週末を過ごした。あ、焼肉は旨かった。一つでもよい事があれば良い週末だったと考える事にしよう。→反省なし

2歳チャンプのフサイチリシャールがどうやら早めの始動となるようだ、相手は鞍上強化を図ったアドマイヤムーンと休み明けでGⅠを叩いたショウナンタキオン。別定なのにGⅠ馬とGⅢ馬が同じ斤量というのも少々不可思議だがルールならば仕方なし。さて、武豊はフサイチジャンクとアドマイヤムーンのどちらを本番で選ぶのかも含めて要注目のレースとなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

二日酔い~根岸S/京都牝特 展望

昨夜は久々に焼肉、たまーに食うと旨いね!
・・・と、ここまでは良かった、帰宅直前と直後の記憶無し。
・・・どうも焼肉の時は酔いの回りが早い。それでなくても最近は酒に飲まれる事が多いだけに以後気をつけなければ。

さて、東京は根岸S(GⅢ)。昨年はメイショウボーラーがこことフェブラリーSを連勝しただけに注目のレースである。
展開としては逃げ、先行馬が揃った事で結構なペースが見込まれるとなれば軸は差し、追い込み型と見る。
◎サンライズバッカス、人気でもカネヒキリに土をつけたオンリーワンだけに軸で仕方ない。
○メイショウボーラー、昨年とは斤量が違うがなんとか格好をつけてもらいたい。
▲リンガスローレル、決して得意とはいえない中山で勝っての参戦。直線で上手く馬群を捌ければ、の前提で。
△ニホンピロサート、古豪復活を見せ付けた前走をもういちどの期待で。
△テイエムアクション、叩いて末脚が戻っていれば連ヒモには・・・

京都牝馬特別(GⅢ)、こちらも差し、追い込み有利とみて④チアフルスマイル⑥ディアデラノビア⑧アズマサンダース⑩ヤマニンシュクル⑭レクレドールをBOXで。リスクを犯してでも大外回した方が伸びると見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

東京新聞杯 展望

先日は会社の飲み会(確か慰労会)、ここ数年ほどだろーか、焼酎が旨い。芋だろーが米だろーが麦だろーが何でも旨い、日本酒はプチ記憶喪失になるので(好きだけど)会社の飲み会では敬遠しているが、やはり日本人は日本の酒が旨いと感じるのである。嗚呼、国粋主義(!)
さて土曜メインは東京新聞杯、以前は日曜メインだったはずだが土曜日に移動するとちょっと格下げ感が否めない。かつてセキテイリュウオーやトロットサンダーが勝った昔を懐かしみつつ予想いたします。
◎はキネティクス、屋根が少々不安(福島なら王道ですが)だが府中との愛称のよさで狙ってみたい。逃げなきゃならない馬が不在でさほどテンに速くはならないと見て○オレハマッテルゼ、『俺は待ってるぜ』なのか『俺、ハマってるぜ』なのか・・・どうでもいいですね。▲ウインラディウス、59kでなければもっと狙えるのだが。△グランリーオ、前でうまく立ち回ればの期待を込めて。

他にはローゼンクロイツの全弟テューダーローズの未勝利戦をちょいと見てみたいところ、頑張れ薔薇族(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

掘り出し物

レンタルDVDを返却しに行ったついでにCDの新譜を見ていたらありえない物を発見。

SUGAR BABEの『SONGS』・・・!


かつて山下達郎、大貫妙子を輩出した伝説のバンドだが、相当前に解散しているはずでレコード自体とうの昔に廃盤(レコードだもん当たり前だよな)となっているもののはずが・・・なんで?と思いながらも借りてみた。中にライナーノート(昔のレコードには必ず入っていて曲の解説だとか曲にまつわる話なんかが書いてあるもの)があったので読んだところ、当時のプロデューサー大滝詠一氏の文章が載っていた。なんでも、リリース30周年記念として発売されたものらしい。楽曲の全てを知っているわけではないが何曲か知っている曲もあり楽しく聞かせて頂きました。たまには昔の曲を聴くと妙に新鮮で良いものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

今更ですが

今更ながら『今、会いにゆきます』を観た。これを紹介した友人が『相当やっつけられる(=泣かされる)』と言うので泣く気満々で観た。
・・・大して泣けなかった。
『泣く気満々』だったのでその点では少し消化不良だったが、涙腺のストライクゾーンにも個人差があるので仕方ないだろう。ただし映画としては良いストーリーだったと思う、冒頭から少しずつ「?」を投げかけておいてきっちり回答を出すあたりは日本人にはウケる(はず)。『泣ける』というよりは清々しい気持ちになれる映画という感じかな、見る価値はあった。「誰かを好きになる」とか「人を愛すること」とかそういう気持ちって大事だなみたいな事を思い出してみました・・・みたいな。

いやいや、青臭い。

あ、そういえば今日は代替競馬開催日だった・・・ま、いっか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

AJCC/平安S 展望

徹マン明け、爆睡から起きて9時間。さすがに眠れません、かといって昼間のように行動する気もおきずウダウダしながら予想。

中山11R America Jocky Club Cup(GⅡ)
さすがにGⅡとはいえ有馬記念後で一枚落ちのメンバー構成、グラスボンバーで十分勝負になるだろう、休み明けのフサイチアウステルは『人気の藤田伸二』だし連ヒモまで。2週連続の降雨(降雪)で相当な馬場悪化とくればシルクフェイマスには少々キツいとくればシェイクマイハートの前残りとユキノサンロイヤルの決め手に少々の期待を込めて3連単をちょっと買いたい気分。

京都11R 平安S(GⅢ)
別定なのに結構荒れる重賞なので人気どころは一切無視、③サイレントディール⑥ドンクール⑨アンドゥオール⑭ベラージオ⑯メイショウサライをBOXで、あくまで馬連。

小倉11R 大宰府特別(1000)
ローカルはコース実績と展開、開催前半は前残りとみて②コウエイマーブル③シュフルール⑥ピカレスクコート⑭カノヤバトルクロス⑯エムティーダイオーをBOXで、馬連で充分。

そういえば『財界さっぽろ』2月号の中吊り広告に『札幌にドーム競馬場』という記事があった。札幌ドームから近い羊ヶ丘に・・・という話だが、実現だとすれば大事件。今の自宅からは遠すぎる、本気で引越を考えねば・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

体がもちましぇん

会社の人間から麻雀のお誘いがあった。で、そのときに『何年やってるんですかぁ?』と聞かれた。
『少なくとも君の人生より長いよ。』
覚えたもは中学生の時だった、そもそも我が家はギャンブルとは無縁の家だった(恐らく両親共に博才がないのであろう)が見事にハマった。やがて高校生となり麻雀熱は加速の一歩をたどる。おかげで20歳を迎えた頃には簡単なイカサマ程度はできるようになっていた(もちろん実戦で使う事は殆どなかったが)。
やがて学校を卒業し、面子が揃わなくなった今では年に一度か二度程度しかやらなくなっていたが、そんなところに偶然のお誘い。ただし・・・
徹マンかよぉ
昔は徹夜だろうが24時間だろうが良かった、指紋が消えるのではないかと思うくらいやってたから。ただし40歳を迎えた我が身にはコタえる、終わった頃にはフラフラで帰宅後爆睡~起きたら真っ暗。時計は【17:50】
競馬中継が終わってる!!!
『本日の中山競馬は雪で中止です』
・・・良かったんだか悪かったんだか(苦笑)

おなじみ3億円(フサイチジャンク)が京都で3勝目(若駒S)、いよいよクラシック路線に乗ってきた。POGでは『高馬は走らない』というのが通説なので回避したPOの皆様も多かったのではないかと思う(実際私もその一人)のだが良い意味で期待を裏切ってくれている。ローテーション的には次走は弥生賞・スプリングS・毎日杯あたりか、次で勝つ様ならいよいよ本物だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

いやな渡世だなぁ

年のせいなのだろうか、今日は予定よりも1時間半も早く眼がさめた。若い頃はこんな事はなかったもんだと思いながらもTVを点けると朝から「堀江/小嶋/宮崎」の3連発・・・

重い

とは思ったものの朝は各局とも情報番組なのでどこも「堀江/小嶋/宮崎」の3連発。『3連発』は「バース/掛布/岡田」だろ(古)と思いながら出社。帰宅後にニュースを確認すると、「livedoorはストップ安」「小嶋拒否発言連発」「宮崎勤最高裁でも死刑」と3連発。
『悪が栄えた試しは無い』とよく時代劇で言ってますが・・・

栄えてるねぇ、悪。

朝のニュースは明るいニュースが良いなと思う一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

西遊記

元来TVを見るなら「バラエティ」か「競馬中継」なので基本的にドラマは見ない。が、今回の『げつく』は内村光良が出ているので見る事にした。そもそも『内村プロデュース』が好きだったところから来ているのだが結構役者としてもイケてると思う。
第2話は猪八戒メインの回だったが、八戒が恋してしまう設定なので伊藤淳史が『電車男』にしか見えなかった。恐らく製作側の意図だろうが、どうせだったらELOとかサンボマスター(ドラマ電車男の主題歌&挿入歌)とかBGMで使えばいいのにとは思った。他の局ならやり過ぎだろうがフジテレビならありだろう。
ちなみに今回のキャストでお勧めは老子役の大倉孝二、映画『ピンポン』の『アクマ』役で知ったと思うが、結構お気に入りの役者の一人です。余談ですが今回のゲストでは酒井若菜がお勧め、あくまで個人的に。

月曜日はGallop発売日なのでコンビニ通いがデフォルトになっているが、給料日前はこの600円すら苦痛。でも買っちゃうあたりもはや習慣化してしまっている。そのGallopによると今週末はエイシンサンサンの仔エイシンテンリューがデビュー予定。小倉3歳S(旧表記)を勝ちながら晩年は長距離をメインに走った異能の母の血が騒げば大物排出も可能、是非デビュー戦を観に行こう、おくまで起きれば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

京成杯/日経新春杯 回顧

結局今日も起きたら正午、「アッコにおまかせ」だの「アタック25」だのボーッと見ている間に行く気が失せた。アタック25は「細かすぎて伝わらないものまね選手権」のせいでちょっと気になるようになった。児玉清さんの『4人です!』が聞きたいだけ。

結局今日も「スーパー競馬」にてTV観戦となった。まずは京成杯、「ジャリスコ不安説」あっさりと払拭される。競馬がうまいな、あの馬は。坂上で内にヨレたもののまずは完勝、皐月賞外国産馬出走枠はほぼ手中でしょう。推奨した④ネヴァブションは一歩足りず3着、まずまずでしょうが重賞ではたりないかも。

日経新春杯は予想通り行く馬不在も思ったほどスローにはならなかったようで、直線で⑤インティライミが抜けたので「ああ、行かなくて良かった」なんて思ってるところに④アドマイヤフジと⑪スウィフトカレントが強襲、前を交わしたところがゴール。

当たってんじゃん・・・

馬連26.6倍なので大した配当じゃあないんですが、当たった事にビックリ(⇒当てるための予想なんですが)。

まさに予想上手の馬券ベタ・・・

来週は給料も出るのでAJCCと平安S、買ってみようと思います。起きられれば、の話ですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

京成杯/日経新春杯 展望

一日グダグダしていると『生きてる』感がグッと薄れる気がする、明日は少し動こう。と言っても競馬場に行くくらいだな、うかつに行動すると金がかかって困ります。

まずは中山11R、京成杯(GⅢ) 朝日杯で人気を裏切った⑤ジャリスコライトが仕切りなおしの一戦。距離延長、明日は晴れとはいえ渋化が残る馬場、どれを取ってもジャリスコに有利に働くと思えるのだが妙に不安感が募る。かといって⑦ニシノアンサーに信用も置けない。一捻りして④ネヴァブションの決め手に期待。

京都11Rは伝統のハンデ戦日経新春杯(GⅡ)『ディープインパクトに最も近かった』インティライミの復帰戦となるが、ここはブランクが長い事と目標は先と見て今回は外しましょう。買い目は多くなるが①④⑥⑧⑪をBOXで。

雪が降ったら出かけるのは億劫になるので晴れがいいなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜競馬回顧

夕べ夜更かししたわけではないのだが起きたら既に正午を迎えようとしていた。少々精神的にマイっていたので良い休養になったが馬券を買いに行く気にはならず自宅で観戦。
中山11R:ニューイヤーSは展開+重馬場巧拙が明暗を分けた結果。スタートすぐにダイワバンディットとマルターズヒートが競り合う展開になり少々ハイペースだったか4角先頭のペニーホイッスルに⑭ロードマジェスティと⑮フジサイレンスが襲いかかり更に⑫オーゴンサンデーの追い込み。ロードは買えてもオーゴンサンデーは府中1,400m限定と思っていたので買えない馬券だった。なおこれでオーゴンサンデーは引退、お疲れ様でした。
京都11R:淀短距離Sは完全に「行った行った」、スプリント戦は少々ハイペースでも馬場悪化の時には前が有利ですな。ベテラン(ギャラントアロー)が若手(ディープサマー)に『百年早い!』と言っている様な見事な逃げ切りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パッとしない週間

何か、正直つまらない1週間だった。会社でお世話になった先輩から突然の辞意表明、今の業務が合わないらしく体調を崩してしまったらしいので引き止めるわけにもいかなかった・・・せめて笑顔で送り出してあげるべきなのだろう。仕事でも判断ミスが多かった、なかなかうまくいかないもんだ。ゲン直しに飲んでみたが、見事に二日酔い・・・
来週が笑顔で過ごせる1週間である事を切に願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

JRA賞発表~ヘソまがりは誰?

ディープインパクトが年度代表馬獲得・・・当たり前でしょう、無敗の三冠馬なんですから。ただ毎年思うんですが『なんで満票ではないのか?』。恐らく「その」ディープインパクトに勝ったハーツクライあたりに1票投じた自称正義感みたいな人がいたんでしょうが・・・どうなの?
私の職場にも「普段は見ないはずの競馬中継(菊花賞/有馬記念)を見た」という人が今年は結構いました。これってディープインパクト効果でしょう?一般人の目を競馬に向けただけでもこれは凄い事だと思うんですよ、それを競馬関係者であるにも関わらずわからない人ってJRA賞の投票権必要??

納得できないなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週も自重?~京成杯/日経新春杯

昨日も書いたがシンザン記念のロジックとイースターで落胆。少々引きずりながらも今週は3歳が京成杯、古馬は日経新春杯。まずは京成杯にジャリスコライトが登録、藤沢先生が冬の中山で有力馬を使うとは思わなんだが使う以上は勝つ気満々と見た。2,400m世界最強馬のファンタスティックライト産駒である以上距離延長はこなすはずだが、府中のマイルで見せた切れ味を考えると「実はマイラー?」といった考え方もできなくはない。買うなら3連単マルチの軸あたりか・・・
日経新春杯には4頭の明け4歳馬が登録、古馬との対戦となる。注目はダービー以来のインティライミと菊花賞以来のフサイチアウステルだが、思い出されるのはやはり有馬記念。言うまでも無く3歳の頂点に君臨するディープインパクトの敗戦を顧みると「今年の3歳のレベル」について疑念は生ずる。個人的は前走の京阪杯で惨敗して人気が落ちる(というか落ちて欲しい)マーブルチーフに期待しているが・・・

で、そのデイープインパクトの全弟オンファイアが屈腱炎。アグネスフライト/タキオンの全弟アグネスサージャンは骨折で良血馬がクラシック戦線から次々脱落。マルカシェンクに続き3歳有力馬が消えてゆくのは悲しいねぇ・・・キャプテンベガよ、君はせめて無事であってくれろ。

世間はやっと正月気分から抜けたようだが未だ私は正月ボケが抜けません、というより以前から続いている「物忘れ」に磨きがかかったような気がする。この錆び付いた頭、どうにかならんもんか。修二と彰の振り付けが覚えられないわけだ(覚える気やったんかい!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

シンザン記念回顧:展開

典型的な『行った行った』になってしまい差し馬出番なし。まず1番人気のイースターはスローでガツンと引っ掛かり、口を割るったらそれはひどいもんで。内枠も災いしたか道中はずっと窮屈な走りになってました。展開もありましたがもうちょっとスムーズに走らせてあげたかったというのが正直なところです。今回正直ガッカリしたのはロジック、ユタカも後ろが怖かったはずなので仕掛けが遅れたのは確かでしょうがグロリアスウイークあたりに差し返されては、ねぇ・・・重賞ではちょっと足りないタイプかもしれません。負けた馬の話ばかりでなんですが、勝った馬には興味がないもんで(失礼!)。

しかし不思議なもので、シンザン記念だけ見るつもりで競馬場に行ったら馬友とバッタリ。おかげで自宅まで送ってもらいましたが・・・お互い他にする事無いんですかね(笑)。

たった1レース勝負でしたが今日は惨敗、今夜は内村の河童と電車男の豚でも見て明日の仕事に備えましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

シンザン記念はどこで見る?

今日は高馬が結構勝ってました。まずは全国POG一番人気(恐らく)のキャプテンベガ、なんとか3戦目で初勝利。ダートで(笑)。とりあえず決めての甘さをダートでカバーした格好なので次走芝で人気になったときは絶好の切時と観た、ある意味次が楽しみだ。
お次はTVでおなじみのフサイチジャンク、福寿草特別で見事差し切り勝ち。これは順調だねぇ、フジサンケイグループの思惑通りに進んでます(笑)。このまま次のOPで勝つ様だと一躍クラシック候補として注目を浴びる事になるでしょう。ただ、ここまでは比較的相手に恵まれたところもありますからね、次が試金石というところでしょう。
ちなみにステイゴールドの全弟ギュリルが1番人気で見事3着(爆笑)、狙いか?狙いなのか?『最強の1勝馬』候補がここにも1頭。

さて1月恒例3日間開催の最終日は京都でシンザン記念(GⅢ)、人気はさざんかS組(イースター、ロジック)VS札幌2歳S組(ディープエアー)か。ゴウゴウキリシマが逃げても少頭数でのレースとなればさほど早くはならないだろうが、なにぶん今の京都は内側が悪そうですからね、イースターは直線で外へ出せるかどうかが勝負のアヤとなるでしょう。それでなくとも福永は京都ではイン狙いが好きなようなので(笑)。
固いとみて②⑥⑦⑧BOXで。明日は中継がないので競馬場に行こう。

あ、忘れてましたがガーネットSは+15kgが影響したかブルーコンコルドが後手後手の競馬で間に合わず、芝でしょっぱい競馬を続けてたリミットレスビッドにサクっとやられてました。4コーナーで内をついて前が開いたあたり勝春のファインプレーでしたが、なかなかの差し脚でした。逃げたシルヴァーゼットが残ったあたりそう早いペースではなかったのか?いずれにしても休み明けはほぼ完敗で、人も馬も順調さが一番と再認識のレースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガーネットS(GⅢ)

昨日の予想は中山が見事的中。当たるんですよ、買わなきゃ(笑)

ガーネットSは当然1番人気のブルーコンコルドが+15kgと来た。冬競馬は馬体重が絞りきれないのが一つの鍵となりますが・・・実績上位過ぎて斤量59kgでもなかなか切れません。
ここは⑦⑧⑨⑪BOXと行きましょう、実は今日も買いませんが(笑)

誘拐された乳児が無事発見、容疑者も無事とっ捕まり一安心。年末年始にあんまりいやなニュースは聞きたくないもんですが、無事解決でよござんした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

本日の予想~予想のみ

中山11RアレキサンドライトS、カオリノーブルの一人旅は確定でもゴールまでとはいかないと見た。とはいえ砂厚が極端に厚くなる冬の中山でそうそう差しも決まるまい、ここは先行勢中心に①②④⑪、BOXで。
京都11R万葉S、こっちもビッグゴールドの一人旅だがこちらが決まると見た。ただし2着の可能性が高そうなので①④⑦-⑩の馬単2着付けで。

本州の日本海側では記録的な大雪が続いてますな、新潟の皆様は震災に大雪と大変ですが頑張って下さい。無力な私には『応援』くらいしかできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

結構なお手前で~金杯回顧

いやはやさすがにハンデのGⅢ、予想通りまっとうな配当ではすまなかったようで。初当たりにありついた方おめでとうございます、東西共に外れた方はお互い様(笑)。

レースは見てないのでJRA-HPで結果は拝見致しました。まずは中山金杯、「買わない」と宣言したヴィータローザが1着・・・我ながらセンス無し。2着はなんとアサカデフィートですか・・・もはや完全な「冬馬」ですな。3着に買ったカナハラドラゴン・・・複勝だったか。あ!ワンモアチャッター除外!!返還が少し嬉しかったりして(笑)
ハロンタイムを見る限りなかなかのペースでメジロがひっぱったのね、差しで決まるとは思ってましたが・・・まだまだ見る眼が浅いな、精進します。

さて、京都金杯はというと・・・買ったニューベリーとアルビレオが2、3着!こいつぁいけねぇや。こういう外れ方が一番ムカつくってもんでしょう、奥さん。いきなり初春からワイド勝負なんてみみっちぃ買い方はさすがにできません。

今月はもう競馬は静観かも知れません、来月のGⅠに備えねば。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

馬の日々へ帰る

4日から仕事始め。朝から『明らかにスーツの時には履かない靴』で出社、見事な正月ボケであった。もしくは脳の異変(笑)
それでも初日のせいか比較的ゆるやかに仕事ができたのは幸いでした、徐々にピッチを上げてゆけばよいかといったところです。
ただ夕食後の胸焼けには参る、年末年始の酒びたりの生活で消化器官には負担をかけてしまったと反省。それでなくても粘膜に難があるタイプなので、少し考えないとねぇ・・・

で、帰宅前にコンビニで新聞(おなじみ競馬ブック)を購入し、いそいそと久々の競馬予想。『帰るべき場所』があるのは良いことである。
・中山金杯(GⅢ)
買う馬:ワンモアチャッター、カナハラドラゴン、カンファーベスト
買わない馬:キングストレイル、ヴィータローザ
・京都金杯(GⅢ)
買う馬:キネティクス、ニューベリー、アルビレオ、ペールギュント
買わない馬:ディアラノビア、オレハマッテルゼ
ゆるやかに始めたいので馬連で、3連単勝負がキッツいのは秋のGⅠで経験済み。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

飲む事すなわち喜びだ

年明けもひたすら飲んでました。
1月1日(元旦):31日から友人宅で飲み続けザコ寝。ロスバスコスとムートンを飲み『なるとの若鶏』と『回らない寿司』を食う、至福の時(笑)。
2日:朝から初打ち(麻雀)、10時間打って接待麻雀的に終わり、流れで居酒屋へ。打ってる最中はビール、居酒屋では焼酎をいただきました。
3日:午前中は猛吹雪のため午後から札幌の自宅へ移動、さすがに明日から仕事なので酒抜き。

今年は特に年末年始を『酒』に費やしてしまった(時間も金も)が明日は仕事だ!正月ボケにならんよう気をつけねば!そして明日は新聞発売日、東西金杯予想日!
『酒の日々』に別れを告げ、『馬の日々』に帰ろう。それでいいのか?俺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

賀正~結構多忙な年末年始

新年明けましておめでとうございます。
おかげ様で(誰の?)無事に2006年を迎える事が出来ました。

29日:会社の同期の人間と飲み。最終の地下鉄で帰ったので軽症。
30日:中学の同期の忘年会→行きつけのBarの打ち上げで飲み。31日AM6:00解散。
31日:14:00起床。昼間を怠惰に過ごし、夜はレコ大、PRIDE、紅白、K-1などを友人宅で視聴、現在に至る。
つまりここ三日間飲みっぱなし、予定通り『馬の日々』から『酒の日々』へシフトしています。
とりあえず元旦くらいはのんびり寝正月を満喫しておこうと思います。
2日は朝から麻雀なので。→なんだかんだで休日も博打でした。
皆様も飲みすぎ、食べすぎに注意して良い2006年をお過ごし下さい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »