フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 検討を祈る | トップページ | 天皇賞(秋)登録 »

2005年10月25日 (火)

菊花賞回顧

無敗の三冠馬誕生、なかなか良いもんじゃありませんか。
レース自体は大きなハプニングも無く、後味の悪いものにはなりませんでした。強いてハプニングというならば、『ディープインパクトが良いスタートを切った』くらいでしょうか(笑)
そのせいか引っ掛かる事引っ掛かる事、『おいおい大丈夫か』ってくらい武豊が手綱引っ張りきりでなかなか微笑ましい1週目でした。2週目からはやっとこ折り合いもついてこのあたりで『勝負あり』と見ましたが4コーナーで「お!」と思う出来事が…

横山典弘だけが勝ちに行く競馬をした

と私には見えました。例年通り「スローの上がり勝負」になるのであれば4コーナーでどれだけディープを引き離せるかが展開のアヤになると思っていたのでしょう、アドマイヤジャパンはかつてビワハヤヒデやナリタトップロードが見せた4角突き放しの競馬をしていました。
実際直線勝負で勝てるわけ無いんですからあれが唯一勝てる可能性のある方法だったと思います。さすが勝負師横山典弘、勝負を捨てない心構えは大したものだと思います。それに引き換え他の騎手は…結局なすすべも無く負けたように見えました。
結局神戸新聞杯は先行して突き放すためのリハーサルだったんですよね、どうしてそれに気づかなかったかなぁ…それが分かってればあの3連単だって簡単に取れていたはずだ。
馬券は日ごろの観察眼と記憶とひらめきの勝負であるという事を改めて実感した菊花賞であります。

« 検討を祈る | トップページ | 天皇賞(秋)登録 »

競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
着差を見る限りではディープは長距離向きとは思えません。あるとすれば来春の天皇賞あたりですかね、そこで逆転できなければ一生無理でしょう。

確かに横典だけは、勝ちに行ったように思います。でも、アドマイアヤ、買えませんでした。も言う一頭のほうは勝っていたのですが。ただ、彼は、昨年の天皇賞(春)のようなサプライズも起こしますから……。このあとの2頭の対決で、逆転する場面が来るのか、楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊花賞回顧:

» 【ディープ 祝 三冠!】 [馬バンッ]
やりおった。 負けるとは思ってなかったけど あっさりと2馬身差ですよ…[:ダッシュ:] 直線入ってアドマイヤジャパンの手応えが 思った程(?)良くて、なかなか捕まえられなった感 [続きを読む]

« 検討を祈る | トップページ | 天皇賞(秋)登録 »