« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月

2005年10月31日 (月)

不良

土曜日、天皇賞の馬券を買って久しぶりに帰郷。駅に着くなりいきなり雷鳴、なんだよ札幌は晴れてたよう…しっかり雨にあたる、馬券は当たらずとも雨には当たるもんだ。
カラオケのハシゴ、本来ならば比較的得意分野なのだが高音部が出ない…それどころかクッサメ止まらず。日曜日は軽い二日酔いながらこれといって体調は悪くなかったのだが、今日になって異常に体が重い。

風邪ひーたー

昼食後なんとか少し持ち直したが、帰宅後やはり鼻がグズグズ。会社の先輩の話だと『今年の風邪はタチが悪い』んだそうだ。なんとか直さねば!
あ、久しぶりに競馬ネタなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月30日 (日)

やはり競馬はやめられない-天皇賞

天皇賞が終わった。

正直⑬ゼンノロブロイ⑭スイープトウショウの一騎討ちと見ていた。
大体⑩ハーツクライが人気しているあたり『?』だった。ルメール人気もあったのだろう、橋口先生も相当自信があったようだし。ただGⅠ未勝利のハーツが2番人気はやっぱりおかしい、来ても3着までという予想。←当たり(6着)
③リンカーンも無いだろうと予想。2週連続GⅠ勝利に加え先週なんか無敗の三冠達成とくれば3週連続は無い、もはや掲示板も無いだろう。←当たり(15着)
昨日(10/29)の競馬中継を見ていて、内が大分荒れているように見えた。加えて差しが届くように見えた、ならば決め手さえしっかりしてれば届くんじゃないか?
そういえば、法律改正で女性の天皇即位が認められるようになった。更に天皇賞当日は天覧競馬…これは!

・・・1着は牝馬で間違いない(凄い事に気がついてウスラ笑い)

出走する牝馬は3頭、順位をつけるならば⑭スイープ、⑰アドマイヤグルーヴ、⑫ダンスインザムードで間違いないだろう、ならば⑬-⑭で間違いなし!

・・・1頭忘れている

レース後に気がつくも後の祭り。ま、気がついてても買わなかったと思うが。
ヘヴンリーロマンス⇒神々しい恋物語⇒紀宮様ご成婚

・・・ケントク買いだったか

レース後、松永幹夫騎手が両陛下にむかって深々と礼。実に清々しいじゃないか。馬券でやられた分のショックが大分和らいだ。また競馬への想いは深まりました、今日は松永騎手の栄誉を称えましょう。夕食は質素にしますが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年10月28日 (金)

天皇賞を考える-2

夕べの更新はサーバーに拒否された。『ただいま混み合っております』ってなんだよ!ちゃんとしろよな、ニフティ。

苦情はこの辺にしておいて天皇賞、ペースはスローにはならないだろう。
鍵を握るのはストーミーカフェとタップダンスシチー。逃げたいのはカフェ、ただしタップに張り付かれる(プレッシャーをかけられる)のは御免。となれば1,000mが1分かかることにはなるまい、58~59秒あたりか。よほどの事が無い限りハイペースも考えにくいとなれば、上がり3ハロン35秒前半の勝負になると思われる。更にフルゲート必至となれば極端に後ろからの追い込みはハマりずらいと見たが、さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

天皇賞を考える-1

どーでもいーけどタイガース、ひとつは勝てよな。いくらなんでも0勝4敗はダメだろ。

日本シリーズも最短で終わったことだし、今週は天皇賞に集中しようっと。
私の予想はあくまで展開メインなので、まずは出走予定馬をグルーピングしてみます。
①とりあえず前へ前へ、のグループ
②好位で流れにのりたいグループ
③中段で脚をタメて差したいグループ
④直線勝負に徹したいグループ

①は簡単、先頭ストーミーカフェ、2番手タップダンスシチー 以上2頭
②はアサクサデンエン、キングストレイル、サンライズペガサス、バランスオブゲーム、アサクサデンエンの後ろにゼンノロブロイあたり
③は多いね、アドマイヤグルーヴ、スズカマンボ、ダンスインザムード、ハットリック、ホオキパウェーブ、メイショウカイドウ、リンカーン
④はおなじみスイープトウショウ、ハーツクライ、テレグノシス
前から後ろまで全てのグループに人気馬が入る格好になります(①にタップ、②にロブロイ、③にリンカーン、④にスイープ)。さすがGⅠ馬8頭の競演ともなればスキのない隊列ですな。除外馬に皐月賞馬ダイワメジャーがいるので1頭回避すれば9頭になるんですが…

明日は『ペース』について考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

天皇賞(秋)登録

新番組『リンカーン』で大笑い、さすがにあれだけのメンバーだと笑える番組です。火曜日10時はヒマしなくてすみそうです、短評まで。

それはいいとして天皇賞、毎年予想の取捨選択に悩むレースですが今年も好メンバーです。
ただ、いくつかツッコミたくなるところもございます。

ゼンノロブロイ 横山典弘
ハットトリック  O.ペリエ

逆じゃん!

藤沢先生と横典、随分仲良くなったなぁ。『コイントス事件』は解消されたんだなあ…

アドマイヤグルーヴ 上村
リンカーン       武豊

え~~~~~~~!

アドマイヤグルーヴのデビュー以来その手綱は常に武豊、あまりにもあっさり突き放し。勝負の世界ですから仕方ありませんが…上村って…

ハーツクライ C.ルメール

やっぱり来たんだルメール、去年の大活躍はまだ記憶に新しい。

ダンスインザムード 福永

乗りに乗ってるユーイチ君。遂に藤沢厩舎からも依頼ですか、もはや『福永洋一の息子』と呼んでは失礼ですな。
毎年のことですが予想は枠順が決まってからとなりそうです、なんせ『府中の2,000m』ですからね。

最後になりますが、頑張れタイガース!少しは意地見せないとファンに失礼だぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菊花賞回顧

無敗の三冠馬誕生、なかなか良いもんじゃありませんか。
レース自体は大きなハプニングも無く、後味の悪いものにはなりませんでした。強いてハプニングというならば、『ディープインパクトが良いスタートを切った』くらいでしょうか(笑)
そのせいか引っ掛かる事引っ掛かる事、『おいおい大丈夫か』ってくらい武豊が手綱引っ張りきりでなかなか微笑ましい1週目でした。2週目からはやっとこ折り合いもついてこのあたりで『勝負あり』と見ましたが4コーナーで「お!」と思う出来事が…

横山典弘だけが勝ちに行く競馬をした

と私には見えました。例年通り「スローの上がり勝負」になるのであれば4コーナーでどれだけディープを引き離せるかが展開のアヤになると思っていたのでしょう、アドマイヤジャパンはかつてビワハヤヒデやナリタトップロードが見せた4角突き放しの競馬をしていました。
実際直線勝負で勝てるわけ無いんですからあれが唯一勝てる可能性のある方法だったと思います。さすが勝負師横山典弘、勝負を捨てない心構えは大したものだと思います。それに引き換え他の騎手は…結局なすすべも無く負けたように見えました。
結局神戸新聞杯は先行して突き放すためのリハーサルだったんですよね、どうしてそれに気づかなかったかなぁ…それが分かってればあの3連単だって簡単に取れていたはずだ。
馬券は日ごろの観察眼と記憶とひらめきの勝負であるという事を改めて実感した菊花賞であります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年10月23日 (日)

検討を祈る

いよいよ明日、(多分)無敗の三冠馬が観られるだろう。達成にならないとしたら恐らく理由は落馬か故障、皐月賞では落馬の危険性がありましたからね。あ、故障とは不謹慎でした。
まあスター誕生で競馬界が盛り上がれば言うことなし、あとは有馬記念(もしくはJC?)で古馬チャンプと戦ってくれれば楽しみも増えるってもんです。でもあれか、JCまで勝っちゃうと『ルドルフを超えた』とか言われるんでしょうな。
とりあえず馬券は買った、配当面を考えて3連単だけにしましたが。

※買った馬券公開(3連単フォーメーション)
1着欄 ⑦ディープインパクト(しゃーないもの、これは固定で)
2着欄 ④ローゼンクロイツ、⑪シックスセンス ⑭フサイチアウステル(GⅠ勝つってイメージは沸かないが2着としては上々のメンツでしょう)
3着欄 ②④⑤⑪⑫⑭⑮
以上18点!取りガミ上等!矢でも鉄砲でも持って来い!

どうでもいいけどココログのサーバーって時折異常に重たくなるなぁ、なんとかならないかね…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月20日 (木)

やっとこ

給料日を迎えたのでやっとGallopを購入、菊花賞登録馬がやっと判明。『穴』が見つからない…先週(秋華賞)は『2強16弱』だったが今週は『1強』だからなぁ…どう考えても馬券的には3連単を買わないと2桁配当にはありつけまい、更には買い目を絞らないと利益率も下がる。穴党の皆様はゼンノスピリッツあたり狙い目だったんでしょうが残念ながら回避模様、どうやら2着以下は団子レースだなぁ…

話はガラっと変わるが、頼れる元上司が急遽入院(それも出張先で)。元々丈夫な人ではないが、会社及び今の部署では間違いなく大切な人材、また同じ部署で仕事ができると楽しみにしていただけに何としても早い復帰を求む。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

気になる次走

今日はあえて菊花賞には触れない、どこでもやってることだろうし。

秋華賞で名勝負を演じた2頭の次走は、エアメサイアがエリザベス女王杯、ラインクラフトがマイルCSだそうだ。自分の青写真通りに進んでくれて大満足!エアメサイアvsアドマイヤグルーヴinエリ女、ラインクラフトvsデュランダルinマイルCS、ディープインパクトvsゼンノロブロイin有馬(JC?)、これを観れば今年の3歳世代の強さのものさしになるだろう。

とはいえ遂に今夜は貧乏の絶頂、晩飯は『いなり2個(7-11で200円)』だった。嗚呼ひもじい、先月末中華街で5,500円のランチなんか食ったツケが完全に回ってきた。明日は給料日、栄養をつけよう。ついでに今日は腹が減るからさっさと寝よう、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

今秋最大の競馬中継?

ルドルフ以来の無敗の3冠馬誕生か?で沸く競馬マスコミ、そんなこたぁ百も承知と思いつつもやはりディープインパクトの動向はついつい気になります。個人的にはシンボリルドルフは『聖域(観てもいないわりに)』なので正直侵されたくない部分ではあるが、あの圧倒的な勝ち方(あんなものはブライアンの3冠の時以来だと思うが)を見る限りもはや時間の問題であろう。

フジテレビは今週末関西テレビと合同で番組制作にあたるらしくプレス会見の映像を見たが正直若槻千夏はどうでも良く、井崎先生と杉本清氏の並んでいる姿がとても印象的だった。フジテレビのレギュラーの井崎先生と関西テレビの実況担当だった杉本氏は同じ番組に出る事は当時は敵わなかったが、杉本氏の退職及び今回の共同番組制作によって遂に2ショットが実現となった。願わくは大川先生もこの場にいて欲しかったが既に故人となっているのが何とも遺憾である。
できればお二人の対談など是非聞いてみたいと思うが、そういうとこフジテレビはバラエティ色が強いからなー…できるだけ若槻千夏には喋らせないで欲しいと思う次第です。

さて、自分はといえば秋華賞(+府中牝馬S)のダメージでいよいよマルちゃん生活に突入。早く来い来い給料日(←今日を含めてあと3日)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月17日 (月)

ナイスゲーム三昧

パ・リーグのプレーオフはロッテが優勝、なんと31年ぶりなんだそうだ。えーと、俺10歳だったか…あ、巨人の優勝がV9で止まった年だ…そっか、長嶋引退の年だ。『巨人軍は永遠に不滅です』って言った年だな。監督は…カネヤンだったか…なんだかんだでうっすらでも覚えているもんだな。
でもどれをとっても全部良い試合だったな、選手たちは恐ろしいほどのプレッシャーと戦ってたんだろーな、まさに『選手冥利につきる』って感じだね。
負けたホークスの選手は悔しいでしょう、2年連続1位なのに優勝できないんですからね。特に出られなかった城島は悔しいでしょうね、日本でのプレーも今年で最後だっただろうし。
でも今日は素直にロッテの優勝を祝福しましょう、おめでとうございます。日本シリーズでも好ゲームを期待します。

昨日の秋華賞といいスポーツはナイスゲームが続いてますね、女子ゴルフも不動が貫禄勝ち。『人気はあちら、お金はこちら』みたいな感じで女王健在を見事にアピール、まさに『スポーツの秋』です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

秋華賞回顧

馬券的には色々あります(当然外れ)が、レースとしてはとても良いレースでした。エアメサイアの母系はGⅠでどうしても勝ちきれないところがあったので、母エアデジャヴーの頃から応援していた人たちにはまさに『彼岸』『悲願のGⅠ制覇』にお喜びの事でしょう。私はエアシャカールからの応援だったのでちょっと乗り遅れましたが、それでも格別の想いです。
ラインクラフトはまたも引っ掛かっちゃいましたね、福永騎手が懸命になだめてましたが最後の伸びに影響が出た気がします。あれが無ければ『変則3冠制覇』も夢ではなかったはず、個人的にはマイルCSに出てデュランダルと対決して欲しいと思います。
さて勝ったエアメサイアはエリザベス女王杯に行くんでしょうか?出れば結構いい勝負になると思うんですが……

東京メインは2着さえいなければ…でした、オースミハルカ固定の3連単マルチだっただけに非常に悔やまれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

GⅠ第2弾、秋華賞/府中牝馬S

デイリー杯のマルカシェンク、おみそれしました。あの悪天候であれだけ切れたら大したもんです。とりあえず朝日杯までは間違いないでしょうし、あとは来春以降の相手関係だけでしょう。今後の動向が楽しみな1頭です。

それはともかく秋華賞予想。案の定2強ムードで盛り上がってるようですが、そうはいかないのが競馬。レース当日は晴れ予想ですが土曜日の雨の影響を考えると馬場は稍重くらいってとこでしょう。それを加味して…
◎ライラプス 無謀だ、無謀すぎる…しかしこうでもせねば万馬券には至りません。重巧者でもある事だし、ここで母の無念を果たして欲しい。
○ラインクラフト 前走と同じ戦法ならば大崩れはしないでしょう、ただ福永騎手が今日勝っちゃったのが少々気がかり。
▲エアメサイア GⅠでは少々足りない血統なのは既に皆様ご存知のはず。あとは『天才』がどう乗るかだけ。
△スルーレート フレンチデピュティ×シアトルスルーのアメリカ血統が雨で力の要る馬場で有利に働けば…
とまあこんなとこでしょうが、良馬場なら予想を変更せねばなるまい。

東京は府中牝馬S、基本的に実績馬が強いレースってイメージで予想。
◎オースミハルカ 連覇に期待。鉄砲巧者でもあるし。
○アズマサンダース 不良馬場の札幌2歳Sを粘った記憶も懐かしい。
▲ヤマニンアラバスタ 前走で一皮向けてれば、もう一丁あっても不思議じゃありません。
△マイティーカラー 穴なら『府中に強いトニービン』…さすがにベタかしら。
こちらもあくまで馬場悪化用って事でどうかひとつ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

明日はデイリー杯

どうやら1番人気はマルカシェンクで間違いないだろう、でもちょっとだけヒネりたい気分。
わけあってダイアモンドヘッドから入ります。POG指名馬だからです、はい。

◎ダイアモンドヘッド SS×ダンチヒで2歳戦に弱くてどうするって話ですよ。敵は休み明け。
○スーパーホーネット 父ロドリゴデトリアーノ、いいねぇ。
▲トーヨースルーオ スウェインは欧州血統にしては日本でも対応できそうだね。
△マルカシェンク そりゃまあ押さえますよ…
△タムロスターディ マイルはギリギリ?

ついでにエニフS、ウインデュエルに逆らう気はないがカイトヒルウインドからちょっとだけ買っておこうか…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

そして秋華賞へ

仕事が終わり家へ帰ったらインターネットが復活していた。ADSLって簡単に障害起きたりしてやーね。

直ったのでそれはそれで良しとして更新。今週末は秋華賞、Gallopではエアメサイアvsラインクラフトを強調していたが果たしてそううまくいくだろうか、いやいかない(倒置法)。
恐らく2頭の間に『何か』が割って入ると見た。デイリー杯2着のライラプスか、それとも『アッと驚く』他の馬か…『牝馬は格より調子』、ギリギリまで予想は決めるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通信不能

モデムもしくは回線異常らしいが、インターネットが使えなくなった。初期化再設定しても使えない。
この際なので今日は職場から更新、決してヒマではないのでお昼休みに。

毎日王冠のダイワメジャー、正直ガッカリでした。やはり府中とは相性が悪いんでしょう。天皇賞ではいりませんな。
テレグノシスはGⅡだと固く届くようになったなあ、上がり32秒台の脚はそうそう拝めるもんじゃありません。でも天皇賞では必要ないでしょう。

じゃあ何が本番では来るんだって話ですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

回顧録:毎日王冠/京都大賞典

baken731img011 正直馬券を買う気はなかったのだが『キャプテンベガ』の新馬戦観戦のため札幌競馬場へ。直線で不利があった点は否めないが、4着とはまたしょっぱい着順ですな。全国のPOGファン(特に1位指名していた人たちの)ため息が聞こえてくるようなレースでした。

で、毎日王冠ですが…もうバルクは終わったと見て良いようです。それにしても上がり33.6秒はさすがに早いね、バランスオブゲームやダイワメジャー等しまいの切れない馬には出番は無かったようです。勝ったサンライズペガサスは後藤騎手の好騎乗ですが追い込んだテレグノシスはもはや「お約束」の2着、今回はスローの上がり勝負なので恐らく流れの速くなる本番とは直結しないでしょう。

京都はリンカーンが久しぶりの勝利となりましたが相変わらずのジリ脚で、コイントスを交わせないのではとまで思わせるあたりさすがです。こちらもスローの上がり勝負、やはり本番には直結しないでしょうね。

本番(天皇賞)は今日のメンバーにオールカマー組とゼンノロブロイを足したメンバー構成になりそうですが、流れと枠順一つで着順がいくらでも変わるようなレースになりそうで、また前日に頭痛がするほど悩むんだろうなぁ。ただストーミーカフェが出るのなら決してスローにはならないだろうけど。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2005年10月 5日 (水)

秋は府中

スプリンターズSは…まぁ良しとしましょう。秋はなんつっても府中だよおっかさん!(意味不明)
毎日王冠は実はもっとも好きなGⅡでありまして、ダイタクヘリオス、シンコウラブリイ、ア○スミラビリス(←?)、ネーハイシーザー、そしてサイレンススズカ…数えればキリが無いほどの名馬が勝ち馬になっています。でもなんつったってサイレンススズカだね、後にJCを勝ち凱旋門賞で2着するエルコンドルパサーをまさに子ども扱い!あのレースを生で観られた事は今でもお宝もんだと思ってます。

今年もアサクサデンエン、スイープトウショウ、ダイワメジャー、テレグノシスと4頭のGⅠ馬が出走予定。個人的にバルクを応援したいところですが…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

強いのなんの

サイレントウィットネス、強いねー。 当日になってやれ放馬しただの、そのとき騎手が怪我しただのって情報が飛び交ってましたがフタを開けてみればあっさり快勝でした。 4コーナー回った時点では一瞬カルストンライトオの連覇も期待したんですが、スタートですんなり先手を奪えなかったのが後になって響いた感じでした。 しかしデュランダルも強い、前が喧嘩しなかったのでGⅠにしては比較的落ち着いた流れになったにも関わらずキッチリ追い込めたあたりは陣営の仕上げに関心致しました。
 ただ馬券的にはまたしても武豊にやられた、1着2着4着と1着2着5着の3連単は持っていただけにチョー悔やまれる一線となってしまいました。

ま、来週からは府中開催も始まる事だし気を取り直して頑張りましょう…と何度言った事か。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

スプリンターズS

今、買いに行きます(笑)

本来ならば香港の電撃王サイレントウィットネスに叶わないでしょうがそこは一捻り。 私の中で一つの格言がありまして、『海外馬は2度目の来日の時は1度目より着順が下がる』が定説なんですよ。 だとすれば香港2騎は3着も無いはずなのでありまして、やはり信頼すべきは名刀デュランダル。問題はヒモ探しですが、あくまでスプリントは勢い重視と考えるとゴールデンキャスト、シーイズトウショウ、シルキーラグーンあたりでしょうか。後はセントウルS組を重視してキーンランドスワン、マルカキセキあたり。中山の坂が気になる面々ばかりですがそこは勢いで突破する事を祈念して馬単裏表勝負(デュタンダルの休み明けは2着が多い)といきます。
有馬記念までのGⅠロードを第1弾から快勝したいもんですが、さて…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

雨中の対決?札幌2歳S

9/29に札幌へ帰郷してから休日を満喫中。今夜は久しぶりに休肝日(さすがに3連投はキツかった)という事もあり自宅でウダウダしておりましたが、夜になってタバコを買いに出たところがなんと雨(!) おいおい明日は札幌2歳Sぢゃあないか、こいつは厳しい闘いになりそうだと思い早速予想へ。

◎マツリダゴッホ、ある程度前で競馬できる脚質に加えしまいの脚もしっかりしているあたり明らかに札幌向き。
○マイネルバシリコス、◎と叩き合いになれば逆転も?調教に不満が残るので対抗まで。
▲フラムドパシオン、クロフネ産駒は恐らく道悪上手と勝手に想像して1票。できればPO馬なんで勝って欲しいとは思いますが、間隔が空いているにも関わらず軽めの調教が気になって単穴まで。
△ニシノロドリゲス、ディープエアー。この辺を旨く絡めて3連単で勝負! 今月は経済的に厳しいのでなんとか明日(スプリンターズS)へつなげて欲しい!の一言です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »