« 落ち込みがちのeveryday | トップページ | くやしいとさえ感じない »

2005年4月30日 (土)

淀の王者は如何に?

やって来ました天皇賞(春)。思い出されるはライスシャワー、ブルボンの3冠を阻み翌春にはマックの春天3連覇をも破壊したピンポイントクラッシャー。最後の舞台がGⅠ3勝を刻んだ淀というのもまたひとつのドラマです、決してハッピーエンドではありませんが・・・

◎ヒシミラクル---なんたって天皇賞馬(&菊花賞馬)、2年前を思い出せ。ただ前売り1番人気は以外、2億円おじさん再び?

○ザtッツザプレンティ---今年の明け4歳馬は『ハワイの大王』引退後精彩を欠いていますが腐っても菊花賞馬

▲シルクフェイマス---良馬場ならばあなどれない1頭、でも勝つイメージが沸きません。

△マカイビーディーヴァ---豪州の女傑・・・とはいったもののよくわかんない、とりあえず買っとけ

△マイソールサウンド---遅咲きの父タマモクロスの血がついに開花?

|

« 落ち込みがちのeveryday | トップページ | くやしいとさえ感じない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淀の王者は如何に?:

« 落ち込みがちのeveryday | トップページ | くやしいとさえ感じない »