得意の京都ほどは走れず