フォト

Amazon.co.jp

無料ブログはココログ

2017年10月21日 (土)

コイケすぎる週末

昨日(10/20)
一週間の奴隷労働が終了。
図らずも10連休になって、明けての仕事はまあまあ疲れた。

Dsc_0148
小樽に帰って、馴染みの中華屋で味噌ラーメン。
普段は塩か醤油派なのだが、年に1~2度食べたくなる。
おまけに今週はやたら腹が減る、さすが食欲の秋。

Dsc_0149
それからBar Hattaへ。
閉店までしっかり呑んで、マスターご夫婦の食事にお付き合い。
え……ラーメン屋行くんですか?数時間前に行ったんですが……ま、いっか。
店に着いて、注文。

Dsc_0150
ラーメンは大好きですが、一晩に2杯喰ったのは初めてです(笑)

今日(10/21)は8:30頃起床、やや二日酔い。
「みんゴル」しているうちに概ね改善。
ただ、多少胃もたれ(苦笑)

11:00少し前に家を出て、まずは駅まで歩く。
一晩ラーメン2杯の不摂生によるデブ化は防ぎたいのだ。

JRで桑園に着いて、徒歩で馬場入り。
POGで持っているオブセッションのレースぶりが観たかったのだ。
オブセッションの単複と①からの馬連4点を購入。
結果は無事1着でゴール、安いが的中。

さて、ここからは京都競馬の練習。
6R:馬連20.1倍が的中。
7R:馬連15.2倍的中。

……怖い、三連勝。

当たり慣れていないから三連勝もすると怖いのだ(笑)

だが、本日は以上(苦笑)
終わってみれば回収率71.8%、だめだこりゃ(笑)

徒歩でみずほ銀行まで移動して、ハロウィンジャンボを購入。

Dsc_0151
Dsc_0152
札幌市内の木々は大分色づいてまいりました。

宝くじを買って駅まで戻り、琴似へ移動。
Dsc_0153
牛亭のハンバーグ、ライス大盛り。
今日は16,000歩歩きましたが、これで御破算。

朝昼飯を抜いた甲斐無しでございます(笑)

» 続きを読む

2017年10月16日 (月)

俗俗俗世

思いがけず10連休になってしまい、久々の休み明け出社。
いつものように05:30に設定した目覚ましが鳴…らない(笑)

どうやら間違って06:50に設定していたようで、少し前の6:30に起床即大慌て。
いや待て、まず落ち着け。
間に合うか、間に合うのか…うむ、間に合う。
歯を磨き、顔を洗い、髪を整え着替えて家を出る。
いつもより一つ後のバスとJRに乗り込んだが、セーフ。

ただ急いで家を出たせいか気温にまで気が回らなかった、寒い。
スマホでチェックしたら、7℃。
おいおい、もう少しで冷蔵庫だよ。
明日の朝は、いよいよコート着用になりそうだ。

職場環境(主に人的環境)は相変わらず悪いが、あと2週間。
ここはひたすら耐えるのみである。

Dsc_0144
昼は居酒屋のランチメニューでホッケ定食。
北海道民としては随分貧相なホッケに見えるが、600円なのでしゃーない。

17:30に定時で業務を終え、会社を出たところで突如空腹感に襲われる。
加えて馬鹿寒い、スマホでチェックしたらなんと5℃。
5℃って…確か麦酒の美味しい温度じゃない?

地下道に降りて駅を目指す。

Dsc_0145
駅地下の「おの」で久々にチキンカレー、美味しゅうございます。

» 続きを読む

2017年10月15日 (日)

一段落

昨夜は買ったまま放置していた「みんゴル」の封を切る。

で、やり始めたら楽しくて4:00までやってしまった┐(´-`)┌

9:00起床、さすがに眠いが仕方ない。
10:30過ぎに菩提寺のご住職が来て初七日法要。

終わって即外出、馬場入り。
親不孝は承知の上である、50歳過ぎて孫の顔一つ見せられないような不甲斐ない息子なのです。

なので一つだけ決めていたのは「親が死ぬまで自分は死なない」。

というわけで、最後の親孝行はなんとか果たした。
この先いくつまで生きてゆくのか分からないが、いつ死んでも後悔はない。

だからなのかな、父の葬儀の時も母の時も「死」に対する感情は何もなかった。
かつて母に「お前は親が死んでも泣かない親不孝者だ」と罵られたことがあったが、その通りだった。

この話はここまでにしましょう。

» 続きを読む

2017年10月14日 (土)

それをライフワークと謳っているのです

朝7:00に起きて、いそいそ馬場入り。

Dsc_0133
道端に秋桜が咲いてました。
本当に「何気ない陽だまりに揺れている」ものなんですな(笑)

今日は朝から京都で勝負。
11月の遠征前に慣れておこうというハラである。

1R(馬連BOX):2,3,4,5着
2R(ワイド):3,4,7,9着
3R(馬単):2,3,4,10着
4R(3連複):1,2,4,6,8,9着
5R(馬連):1,3,5着
なんともはがゆい馬券を繰り返し、9R以降の馬券を買って退散。

Dsc_0132
帰宅前にフードコートでいつもの醤油ラーメン。
胡椒をかけようとして間違って一味かける。

ダメだこりゃ(笑)
まあ、ちょっと辛口ラーメン風で不味くはなかったので良い事にしよう。

わざわざ香典を郵送してくれた友人がおり、郵便局で回収。
お礼のメールを打っておく。

帰宅してネットで結果チェック。
なんとか東京9R(3連複)と京都10R(馬単)が的中した。
しかしTV観戦のメインは東西共に外れ。
クロコスミアの鞍上岩田にまんまとしてやられました(苦笑)

明日は母の初七日法要後に馬場入り予定。
親不孝者丸出しである。

» 続きを読む

2017年10月13日 (金)

必殺相続人

※誰も殺してません

今日は朝7:00に起床、JRで札幌へ。
目的地は札幌駅から歩く方が近いのだが、桑園で降りた方が人通りが少ないので後者を選択。
徒歩で札幌中央区役所へ。

Dsc_0128
大通公園の西端12丁目にて

予想最高気温11度でしたが、雲の合間から太陽がのぞいて少し暖かかくて助かりました。

《昨日のおさらい》
父名義の銀行口座の解約(=相続)には生誕から死亡までの戸籍謄本が必要。
(金融機関によって必要書類には差異があるそうです)
父の父(=祖父)は父が生まれた時点で小樽にいたようだが、戸籍上は札幌になっていたらしく小樽に本籍を移したのは昭和29年。
そのため、それ以前の戸籍は札幌で請求しないと入手不可。
そして、父が生まれた時点では戸籍の筆頭者ではないので(当たり前)、必要なのは祖父の戸籍謄本。

目的の戸籍を請求して待つこと10分程度、窓口で戸籍謄本を貰う。
ああ良かった、父が生まれた大正11年時点の戸籍をGET。
ちょっと面白かったのは、曾祖父の名前が『亀吉』。

だっせ(笑)

小樽に帰る前に母が入院していた病院に寄り、入院費を支払って死亡診断書を入手。

で、小樽に帰って銀行の解約手続き。
終えてその足で郵便局に行き、簡易保険の支払い請求。

~完了~

ふと時計を見ると14:30、ちょっと遅めのランチへ。

Dsc_0131
久々に『蕎麦屋 籔半』へ。

Dsc_0129
喫煙席に通してもらい、安堵の一服。

Dsc_0130
ちょっと贅沢に天ぷらそばをいただきました。

最大のイベント「登記書の名義変更」は残ったが、金融機関回りが終わった。
とりあえず初七日まで余裕ができた、良かった。

» 続きを読む

それは下手くそなすごろくのようであり

弊社の慶弔休暇は昨日まで。

ただ、それではにっちもさっちもいかないので今日明日は有給休暇。
母一人子一人の家庭なので、私が『筆頭相続人』。
諸々の手続きは全部自分のお仕事である。

市役所で戸籍(除籍)謄本を請求して、まずは水道局へ。
これは書類など不要だったので必要事項を記入して終わり。
お次は年金事務所、ここは失敗。

~ふりだしに戻る~

住民票が無かったので、市役所に戻って(徒歩5分)住民票を入手。

次は銀行で父の口座の解約手続き。
父の遺産は母が筆頭相続人だったが認知症で手続きできなかったため放置していた。
H信用金庫で確認したところ、口座名義人(父)が生まれてから死ぬまでの戸籍謄本が必要との事。

おいおいおい、と。

親父は大正生まれだぜ、そこまで遡れってか。

~ふりだしに戻る~

小樽市役所に戻って請求してみたところ、残っているのは昭和29年まで。
それ以前は札幌にいたらしく、戸籍謄本はその自治体でしか出せないのだそう。

~ふりだしシャットアウト(泣)~

札幌は病院の支払いもあるし明日にしよう、郵便局へ。
簡易保険の手続きには死亡診断書のコピーが必要だったが、これは完全に失念していた。これは明日支払いに行った際に請求するしかあるまい。

続いて郵便貯金の解約。
これは小樽市役所で出せる戸籍謄本と私(筆頭相続人)の身分証明書(免許証)で母の分も父の分も完了。

帰宅、札幌市コールセンターに電話してどこで請求すべきか聞いたところ、「中央区役所」との回答。
電話もすぐ繋がり、男性のオペレーターの対応品質も良かった。

職業病(笑)

明日は母が入院していた病院の支払いと札幌中央区役所で戸籍謄本の請求である。
その後小樽に戻って、ふりだしに戻った銀行の手続き……

めんどくせぇぇぇぇぇぇ\(*`∧´)/

遺産相続って、大変なのねえ。

» 続きを読む

2017年10月11日 (水)

お気遣いなくお願い致しますm(_ _)m

ドタバタして更新が途絶えておりましたが、生存しております。

土日競馬の事もすっかり記憶から飛んでます(笑)
記憶を紐解こう。

金曜日、仕事の休憩時間に床屋を予約。
仕事終わりに小樽に戻り、どこか(忘れた)で夕食後Bar Hattaへ。
京都の大学に行っていた広告マンの知人が小樽に寄生帰省しているというので待ち構えて「美味しいお店」の情報をGet。
ちょっと呑み過ぎて帰宅……したのに4:30に目が覚める。

勇んで東京京都初日へ……負け (;ω;)
帰宅して日曜競馬に備える。

で、日曜競馬……更に惨敗 (;ω;)
頼みの綱の毎日王冠も○リアルスティールが勝つまでは良かったが、▲アストラエンブレムは出遅れ◎ソウルスターリングは直線で馬群に沈む。

いやいや、明日も競馬だ。
京都大賞典はシュヴァルグランでテッパンだろ。
風呂上がりに赤ワインのお手頃サイズを一本空けて就寝。

~深夜~

電話が鳴ってる?
何時だ?03:40?
何事だ?あ……

叔母からの電話、嫌な予感。

母、死去。

そこから先のすったもんだは割愛します。
無事、葬儀は終了。

《この記事を読んだお知り合いの皆様へ》
葬儀は「家族葬」で行いました、お気遣いなくお願いいたします。
明日の朝刊に「葬儀終了」で載りますが、取り急ぎご報告まで。

もちろんではございますが、月曜競馬は自重致しました。
さすがに不謹慎。

たまたま死去直前に床屋に行っていたりとか、母が生前行きたがっていた京都に来月行く予定だったり……見えない何かが働いているのかなあと考えてしまいました。

《大先生へ》
行く気はなかったのですが、知恩院行ってもいいかな?
浄土宗総本山なもので。
高校2年の苦い思い出は無かったことにして、お願い。

» 続きを読む

2017年10月 5日 (木)

馬券以外で負けた

昨日は大谷翔平が凄いという記事を書いたので保留にしたが、実は今秋初めて暖房に火を入れたのであります。
当然のことながら朝の缶コーヒーは「あたたかい」でした。

だって最高気温で12度ですもの、寒いっす。
ついに寒さに負けたのですが、風邪ひくよりいいしね。
年のせいか風邪ひくことも多くなったし。

と、自分を納得させましたよ(苦笑)

その点今日は青空が出て久々の秋晴れ。

太陽って有難いですね。

» 続きを読む

2017年10月 4日 (水)

漫画にもいない人

仕事を定時で終えて帰宅。
最高気温が10℃って、いくら北海道でも寒すぎます o(;△;)o

家へ帰ってTVをつけたらファイターズvsオリックスのナイターをやっていた。
先発は大谷翔平……あ、失敗した。
札幌ドームに観に行けばよかった。

で、なんと打順が4番(笑)
高校野球じゃないんだよ、消化試合とはいえプロ野球なんだよ。
漫画でさえ星飛雄馬も番場蛮も里中智も4番なんか打ってないぞ(笑)

そして先制点につながるヒットを打って2安打完封勝利。
漫画だったら上手くいきすぎて売れていないだろ(笑)

メジャーから11球団16名のスカウトが来ていたらしく、日本で見られるのもこれが最後かもしれない。

行っておけばよかった、痛恨の極み。
来年どこのユニフォームを着るか分かりませんが、メジャーでの活躍が楽しみです。

あ、今オフ移籍かどうか決まってないんですけどね(笑)

» 続きを読む

2017年10月 3日 (火)

兆し

昨日(10/2、月)
いつものように朝6:00少し前に目が覚める。
……なんか、なんかおかしい。
以上に体がだるい。加えて少し熱っぽい。

休もう。

もう一回寝て、8:00に起きたあと会社に電話。
多分会社に行って仕事ができないような体調ではないのだが、心が前向きにならない。

有給休暇も在庫多数なので、まあいいだろ。
というくらい、今は仕事に対してネガティブである。

で、今日が今週の初出勤。
午前を淡々とこなして、昼休みを経て午後の業務に就く。
そしたら偉い人に呼び出される。

はて、最近はこれといってミスも犯していないが、なんだろ。
「11月までの予定でしたが、10月で元の業務に戻って頂きます。」

はぁん゚゚(´O`)°゚

なんと有難いお言葉か、感謝感謝。

思い起こせば先週、上司が面談に来た際にうっかり行ってしまった言葉が功を奏したようだ。

上司「実はこの業務が12月まで伸びそうなんだよねえ…」
私「そうですか、では退職させてください。」
考えるより先に言葉が口をついて出てしまったので、「やべえ……」と思ったが、言ってしまったものは仕方がない。

で、偉い人の奴隷解放宣言に繋がったのだろう。

要はこの会社、ごね得なんですな(笑)
あと一か月、何事も無いように頑張りましょう。

とりあえずは明日以降の体調管理をしっかりしないとね。
ただいま気温10℃、11月上旬の気温なんだそうで。

» 続きを読む

«最後の秋晴れ

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

そうね大体ね♪

最近のトラックバック

ご覧下さい

Books